紅い風




 今から千年以上も昔・・・・・。

 否、千年という時間の区切りは必要ないだろう。

 なぜなら、彼らにとってはこの時が今なのだから。




 一ノ章 護るべきもの




 風が吹いていた・・・・・・。



 さわやかな風が木々の間を切るように走ってゆく。

 鳥たちの囁き声。川の清らかなせせらぎ。

 緑に溢れ始めた山々の景色は、人々に初夏の訪れを告げていた。

 しかし、この山間の村に住む人々の顔に、初夏を喜ぶ気配はない。



 ・・・・・・・村は病に侵されていたのだ。



 いつからその病が蔓延りだしたのか、正確に答えられるものは一人としていない。

 気付いたときには、ほとんどの村人が床に伏せる有様だった。

 村人たちは死を覚悟した。

 薬もなく、満足に治療できるものもいない。

 さらに貧しさがそれに拍車をかけていた。

 彼らの命の尽きるのも、もはや時間の問題だった。



 しかし、村は初夏の風のように流れてきた一人の青年によって救われることとなる。



 「さぁ、この薬湯をお飲みなさい」

 青年の差し出す椀には、緑色のいかにも苦そうな液体がなみなみと注がれている。

 「いやだ・・・」

 幼い少女は、それを見て不安げな顔をしながら首を左右に振った。

 「困りましたねぇ・・・・・」



 この青年が村に来てから、かれこれ三日ほど経っている。

 三日前、偶然この村を通りかかった青年は、村人の有様を見ると、一つ頷いて近くの山へと入ってゆき得体の知れぬ植物をたっぷりと採ってきた。

 それらを、鍋でじっくり煮込んで出来たものは、確実に不味い部類に入るであろう緑色をしたその薬湯だった。

 青年は一軒一軒、一人一人を見て回りその薬湯を椀に注いで村人たちに飲ませた。

 良薬、口に苦し。

 その薬湯も例外なく苦かったが効き目の方も抜群だった。

 三日経った今では、村人の半数以上が病にかかる前の状態へと回復していた。



 「これを飲まないと元気になれませんよ?」

 青年は、薬湯を飲みたがらない少女を根気よく説得していた。

 「いやなの・・・・・・・」

 だが、少女は頑なにそれを拒む。

 「・・・・・」

 青年は右手を額にそえると暫し思案にふける。

 「あの・・・・、紅零様」

 黙り込んでしまった青年を見て、少女の母親が心配そうに声をかける。

 「本当に、申し訳ございません」

 「謝る事などありませんよ」

 紅零と呼ばれたその青年は微笑みながら答えた。

 「誰だって、こんな苦い薬湯を飲むのは嫌なものです。ましてや幼子にそれを飲めと言うのも酷なものでしょう?」

 紅零はそう言うと、微笑みながら少女の方を振り返った。

 相変わらず少女は、薬湯の方を見向きもしない。

 「でも飲まないと・・・・」

 不安げな様子の少女の母親は、すがるように紅零を見た。

 その瞳からは娘を助けたいという、親として至極当然の感情がありありと伝わってくる。

 ・・・・・・・・・。

 紅零はこの瞳が苦手だった。

 昔から・・・・・。

 そう、ずっと昔から苦手だった。

 「この様子ならば、まだ数日は大丈夫なはずです。その間に私がもっと飲みやすい薬湯を作りますから」

 それだけ言い残すと、紅零は足早に少女の家を去った。



 夕日が山々の間に、その姿を沈めようとしている。

 この時間が、紅零の一番好きな時間だった。

 紅に染まる空。

 紅に染まる山。

 そして、紅に染まる自分。

 沈む日の光を身体に受けながら、紅零は少女の母のあの瞳を思い出していた。

 否。

 思い出していた、ではない。

 ずっと頭がそれで一杯だった。

 少女の家を足早に去ったのも、あの瞳にみつめられるのに耐え切れなかったからだ。

 ・ ・・・・・子を思う親の瞳。

 自分には、重すぎる。

 そう呟くように聞こえた。

 そう、聞こえただけで実際は呟いていなかったのかもしれない。



 少女の容体が急変したのは、その日の夜だった。



 紅零は、寝床にしている村外れの樹の陰で、人の足音を聞いた。

 “こんな夜更けに・・・・”

 そう思い立ち上がって、足音のする方向を見る。

 村の方から、女が走ってくるのが見えた。

 まさかと思い眼を凝らして、闇を見る。

 暗くてよく見えない。

 というのは、この青年には関係の無い事である。

 彼の瞳はどんな暗がりでもその輝きを失う事はない。

 何故か。

 それはまだ関係の無い事だ。

 女の正体は、昼間の少女の母親だった。

 息を切らしながら、それでも走るのを止めようとはしない。

 やがて紅零と向かい合った彼女は、涙ながらに懇願した。

 「あの子を、あの子を助けてくださいっ・・・・・・」

 いやな予感が刹那、胸をよぎった。



 苦しげに息を吐く少女が床に寝かされている。

 夕方の状態から明らかに急変しているのは誰の目にも明らかだった。

 「・・・・・まずいな」

 紅零は誰に言うとも無く呟いた。

 少女―名は葉月という―の苦しそうな顔を見ると、自分の未熟さに心がさいなまれる。

 何故、もっと早く気付いてやれなかったのだろう、と。

 ・・・・・・・・・・・。

 沈黙。

 葉月の母親、嘉穂はうな垂れたまま一言も言葉を発しない。

 父親は数年前に、山に行ったきり帰ってこないという。

 鬼に食われてしまったのだと、村の人々は噂した。

 格別、めずらしいことではなかったが、それでも彼女らにとってかけがいのない人を失った事に変わりは無い。

 そして今、嘉穂は最愛の娘までも失おうとしている。

 耐えられるものではない。

 一層の沈黙。

 小さな明かりだけが、三人を照らしている。

 「彼女は・・・・・・・」

 紅零の一言が沈黙を破った。

 「鬼の呪いをうけています」

 驚きの表情が嘉穂の顔に浮ぶ。

 そして一瞬で消えた。

 「そう・・・ですか」

 力無く発した言葉は疲れきっていた。

 「助かりま・・・・せんよね・・・・・」

 涙混じりの声が聞こえる。

 「いくら紅零様でも・・・無理ですよね・・・・・・」

 ・・・・・・・・・。

 「一体・・・・・」

 ・・・・・・・・・。

 「一体私たちが、私たちが何をしたというのですかっ」

 もう、言葉にならない。

 嘉穂の泣声だけが暗闇に響いていた。



 この世には鬼が棲んでいる。

 人との接触を好まぬもの、人助けをするもの、人を殺しその血肉を啜るもの、人を玩具としか見ていないもの。

 その容貌、性格は多々有れども、いずれにも共通するのはその人知を超えた力である。

 この力を使い、人をいたぶるのを生業にする鬼がいる。

 村を病に陥れ、少女に呪いをかけたのもこの類の鬼であることは容易に想像できよう。

 そしてこの類の鬼こそ、紅零が最も嫌うもの達である。



 「まだ・・・・・・助かります」

 ・・・・・・・・・・・。

 「否、必ず助けます」

 嘉穂の顔に驚きの表情が見えたと同時に、紅零は口元で聞き慣れない言葉を紡ぎ始めた。

 手元では忙しそうに印が組まれている。

 僅かな灯火の中で静かに、確実に何かが始まった。



 次々と紡ぎだされる言葉。

 目まぐるしく移り変わる手元の印。

 そして鬼気せまるものを感じさせながらも、どこか安心させるその瞳。

 場の空気が、しんしんと張り詰めてゆく。

 いつの間にか、嘉穂は祈っていた。

 強く、強く。

 両手を痛いほどに組みながら。

 それでもただひたすら、祈り続ける。

 自分の祈りが役に立つとは思えない。

 しかし、祈らずにはいられなかった。



 やがて紅零は、右手を葉月の額に触れて、一言二言何かを呟いた。

 一瞬、満ちる光。

 光は少女を包み、そして弾ける。

 直後、少女の身体から黒い煙のようなものが立ち昇った。

 それは苦痛に歪んだ人の顔にも見え、醜い化け物のようにも見える。

 宿主から追い出されたそれは、怒り狂った獣のように空中を飛び回り、紅零目掛けて一直線に向かってきた。

 避けきれない、というより紅零は避ける素振りすら見せない。

 代わりにそれを睨み右の掌を向ける。

 「・・・・・・邪魔だ」

 そう言った瞬間、彼の右手からそれよりもさらに黒い、いや黒いというよりも紅黒い光が放たれた。

 「ぎゃッ」

 一瞬で黒いそれを飲み込んだ光は、そのまま周囲の暗闇に融けてゆく。

 後にはただ、何事もなかったかのように揺れる火だけが、静かに、静かにその身を燃やしていた。



 その僅かな時間の間、嘉穂は葉月を守るようにきつく抱きしめ続けた。

 「母様、痛いよ」

 胸に抱いた娘の声がはっきりと耳に届く。

 「は、葉月?」

 「どうしたの?母様?」

 「あぁ・・・葉月っ」

 ただ、娘を抱きしめる。

 彼女の瞳に涙が溢れ、そして零れた。



 朝焼け。

 夜が明けようとしている。

 紅零は、彼女たちの家屋から外に出て、まだ肌寒い外気を吸った。

 東の空から空の中心へと広がるように、紅く雲が染まっている。

 もう、葉月の身を案じる心配はない。

 鬼の放った邪気の塊・・・・病雲蟲は、自分が滅した。

 先ほどの様子を見る限り、もう心配はいらないだろう。

 だが・・・・・・・。

 村を病に侵し、幼い少女を死に追いやろうとした元凶である鬼。

 その鬼を滅さねば、また同じことが繰り返されるだろう。

 「消してやる・・・」

 人の良い青年の顔に、一瞬歪んだ笑みが浮かんだ。





■ 


■−−−−−戻る