†DIARY†


戻る


8月
31日 風きてますな
連絡

LINK 修正。
ひでのよろづ屋 → ニダヴェリール
管理者 ひでどん 及び ムナック(2)




最近仕事が忙しい。
忙しくないように感じるのに忙しい。なんだコレ。

なんて言うか・・・・
人がもっといれば早く終わるかもとか、
もっと備品があれば早く終わるだろうとか、
てかブラジルさんロボット止めるなぁぁー!!とか。

定時で帰りたいなぁ・・・


パンヤ

大会を開こうと思う。
知り合いを片っ端から集めた大会だ。

確か10人以上集まれば大会開始できるハズだったから、
パンヤでキャラ持ってる人に片っ端から声かけて・・・・・

・・・・(数え中)

よし、みんな来てくれればなんとかなりそう。


最近パットの調子が良く、大会でも上位の方に食い込むことができている。
なんて言ったらいいのか・・・・

気付いた。
うん、この表現が一番正しい。

今までちょっと逸れた場所にばっかり打っていて、うぐぐ、状態だったのだが・・・・
ふと気付いたのだ。

あぁ、これじゃ入らないじゃん、って。

それを修正してやったら入る入る。嘘みたいに入る。
BLのベスト記録が-13まできた。もう一踏ん張りだー。


たーさん、幸、零と私の4人で大会に出てみる。
BL35分勝負。

私はそこそこなスコアでそこそこな順位だったのだが、
10H目・・・そう、あの魔の10Hでダブルボギーを叩き出してしまい・・・
終わってみたら-11であった。

未熟。GAKURI
<><><>
30日 た方が良いよ
パンヤ

最近ちょっと寝不足なのは、間違いなくコレをやってるからである。
寝ようとは思う。
深夜0時を過ぎた時点で、「あぁ寝ないと」と常に思う。

思うのだが、思う『だけ』であり(ぉ)、
実際に寝るのはいつも1時を過ぎてから・・・

6時15分にコンポをセットしてるから、
1時に寝たとしたら睡眠時間は5時間と15分。

学生の時はこれでも充分だったのに・・・・・
もう今はダメだ。ダメなんだー。

仕事中は眠気との戦いである。そして負ける。Zzz・・・

いや、寝ないけどね。立ち仕事だから寝れないし ( ´−`)


さて、パンヤである。

この日もチームプレイは、一風変わったゲームとなった。
その名も、「英語禁止ルール付きチームプレイ」である。

言葉の通り、発言する内容に英語を含んではならないという特殊ルールだ。
発案者はジクさん。
こういうのよく思い付くなぁ (-.-;)y-゜゜

もし英語を含んだ発言をしてしまった場合、次に打つ時に強制的にPTを使うことになる。
1打目でもPTである。もはやイジメの領域だ。

参加者は、私、幸、零、ジクさんの4人。
チーム分けは、私と幸で1チーム、零とジクさんで1チームというカタチになった。

まわったコースはBL。ランダムで6H。
そして、戦いは幕を上げた・・・

私らが1歩リードして、2H目でのこと。

零 : レベル高い

零さんが言ってしまう。
「レベル高い」
レベル。レベル=Level
思いっきり英語だ。

やっちまったー!!と零さん叫ぶも、後の祭り。
次のショットはPTでごー!

まだカップまでも距離が100y以上あるというのにパットである。
普通に考えると有り得ない。

ジクさん : セツナイナ・・・

見てるこっちも切ないです (--;)

・・・・で。
今度は、3H目で引き分けが決定したとき。

蒼 : どろぅか・・・

・・・・・・・・・・あれ?
どろぅ・・・・ドロー・・・・・Draw・・・・・!?

ジクさん : 次PTね

幸 : アホー!!

ごめんなさい (__;)

次の1打目。私はPTで打つ。
なかなか有り得ない光景であった。なんか笑える。

結局。

勝ち数の結果は引き分け。そしてPPの差で私と幸さん敗北決定。
はっはっはー・・・なんだこれ ( ´−`)

そういや幸が、
「このルール逆にしたら面白い」とか言ってたけど・・・

逆ってコトは全部英語?
英語で喋らないとNG?

無理すぎっ!!


その後、寝る前に出た大会で初めてトロフィーを取る。
-11でぎりぎりであった。運が良かったなぁ。

てかチップイン出たから、PPの数で言えば上位に食い込んでいた。
途中まで1位だったのにだんだん下がっていく自分を見て笑っていた(ぉ)

だってパーしか出なくなったんです!!


RO

Zzzzz
<><><>
29日 とやっても勝てる気がしない!
パンヤ

とりあえず誰かに会う度に、「ピピン(キャディーキャラの一人)まだー?」
って聞いてた私だったが・・・
気がついたら、もう自分で雇えるほどのPP貯まってた。

あや・・・ならもう自分で雇おうかな。

そう思って雇おうと思ったのだが・・・・・・・・

ピピンを雇えるのは、ランクがビギナーE以上。
ビギナーってのはルーキーの一つ上。
私は今ルーキーA。次に行くとビギナーE。

・・・・・・

雇えないじゃんっ!!

経験値が欲しいです。いやうん。


この日は、私とジクさん、ラフ、ドンの4人でチームプレイなるものをやってみた。
ジクさんとラフが一個上のランク(一個どころじゃないかも)だから、
その二人に私とドンが連れられる形でチーム編成。

最初は私とラフ、ジクさんとドンの組み合わせでSWをまわった。

正直なところ、私かドンがとんでもないミスをして、
それで決着ついちゃうだろうと思っていたのだが・・・

ドロー、ドロー、ドロー・・・てな感じで、お互い一歩も引かない。
一瞬の油断、一つのミスで全てが決まる・・・・!

そんな切迫した状況の中、最終的に勝利を収めたのは私とラフチーム。
ここぞって時にちゃんとトマホークとか出たのが良かった。

次はチームを変えて、私とジクさん、ラフとドンでBLをまわったのだが、
私とジクさん勝利。

言われるがままにパットした ( ´−`)

うまくなりたい・・・・・


夜は偽と経験値稼ぎ。
稼ぎたいのだが勝てないから稼げないとゆー状況!

みんなツエエッスよ!! TT


RO

Zzz
<><><>
28日 っくり・・・・がくっ
連絡

ROちぅ Contest作品一斉公開。
解放の刻である。

同上 遅刻作品追加。
作品名 pEt
執筆者 にゃぎ

ぺっと?


パンヤ

新鯖、パンヤの森追加!
いや、手際が良いことで・・・

まぁ、27日の夜の時点で、鯖が人数許容範囲を超えちゃって
入ることすらできないっていう状況だったからなぁ。

ここで鯖追加しないと、ハッキリ言ってまともにプレイできるとは思えない。

その点、パンヤの管理会社は良くやったと言えるんじゃなかろーか。
・・・・実は名前知らんけど ( ´−`)

最近、私は大会に顔を出している。
とりあえずBLでメダルでも取りたいと思って頑張っているのだが・・・

一位とのスコア差が・・・・

てか、たまにいる-17とか-18とかナンデスカ!
聞くところによると-20もあるらしいけど・・・・・・・

化け物めっ!!

( ´−`).。o(今のところの最高記録は-10です)


RO

ギルド狩りの日である・・・
が、始める前から眠いというこの状況。

それをなんとか誤魔化して、私はアサを起動した。

集まったのは、私にクロ騎士、うるるWIZ、みどりんプリ、ドンマジの5人。
行き先は監獄に決定。

アサで監獄に行くのは久しぶりである・・・
まぁでも、正直仕事がなさそうなので・・・・・・

ここはスティルである。スティル最高!
キミのお陰で黒猫の人形を5つも手に入れたよ!!

・・・300個なんて・・・・あと何個だよ・・・ orz

監獄1を走り抜けて、監獄2へ到着。
私はスティルの準備をして、戦いへと赴いて行った。

クロ君がmobに殴りかかっていく・・・横からスティル。
うるるがmobに襲われる・・・殴ってタゲ取ってスティル。
みどりんがmobに襲われる・・・殴ってタゲ取ってスティル。
ドンがmobに襲われる・・・殴ってタゲ取る前にドンが死んだりしたけどスティル。

とにかくスティルである。
普通に殴るのは、その後でも遅くはない。

固い皮をGETしたり、腐った包帯をGETしたり、オリ原をGETしたり・・・
とにかくなんか、ハマル。

しかし・・・・・・眠い。
この強烈な眠気は・・・・・なんだ・・・・・・・・

mobというより、眠気との死闘を演じる私。
そうこうしてると、狩り場にラフWIZや姫騎士、グラウクルセが現れる。

でもこの時点で、私の眠気は頂点を突破。
PC前でコクリコクリと・・・なんて久々に体験した。

狩り場で立ちつくす私。←意識が飛んでる
もう限界である。無理、ていうか無理!

私だけ先に帰還させてもらって、急速落下。そして寝る。
おやすみなさい・・・。
<><><>
27日 こもかしこも超重力
連絡

ROちぅ Contestに作品表示。
作品名 片思いかも?
執筆者 Na(ハウル)

片思いなの?


パンヤ

最近の重さは尋常じゃない。
昔のROを思い出す・・・

ログインゲームとか、
落とされるとしばらく戻れなくなるとか、
会話の表示が遅いとか、

とにかく・・・・・
この数日でいきなり人が増えたーー!!
凄い勢いで増えたなぁ、ホント。
鯖の許容人数越えちゃって、接続できないとか、泣ける (--;)

というわけで、偽と一緒に出た大会途中で画面が動かなくなり、強制終了ー。
その後ログインできなくなる。

うん、こんなもんだ。

1H目で偽落ちてたし・・・・・ナムさん・・・・


RO

ニブルでのソロが熱い!
一瞬の油断・・・油断というか沸き具合で、生死が分かれる・・・

ブラッディマーダーを捌いてるときに、
ロリルリとかデュラハンとか沸かれると正直焦る。

てか!
デュラハンのクリティカル本気で痛い!
クリティカルだから必中!
このやろう!! (-.-;)y-゜゜

通りすがりで辻ヒールやらブレスやらしてくれるプリさん!
君は輝いてる!!

本当にありがとうございます ( ´−`)

囲まれてるアサシンに愛の手を!
<><><>
26日 そひそ何かを言っている
連絡

ROちぅ Contestに作品表示。
作品名 Sky -Prologue-
執筆者 零

当サイトに公開中のアレとの繋がりが?!


パンヤ

それは二回目の大会参加中の出来事・・・

正直言って、あまり調子は良くなかった。
半分以上コースをまわった時点で、スコアは-2。
現在一位をひた走るジクさんは既に-10を突破してたりするから、
ここから全ホールをホールインワンとか出さない限り追いつけないだろう (--;)

まぁ、いい。
とにかく最後までやって、反省すべき点は反省すればいい。

そう思って、とあるホールでゲージを溜め始めたとき・・・

・・・・

・・・・・・・

・・・・・・あれ?

・・・・・・・動かない・・・?

微動だにしなくなったPC画面。
パンヤだけではなく、どうやら全てが停止してしまった模様・・・・

ええ!? マジですかっ!
大会途中なのに止まっちゃったんですか!?

てことは・・・
私は大会続行不可能 → 私実質強制退場 → PPにダメージ!

ぐはっ。
ショックである。

ちなみに大会の結果は、
ジクさん一位でキニが二位というワンツーフィニッシュだったらしい。

このやろう・・・・・・やるじゃないか・・・・・・ (--;)


RO

ニブルヘイムの←MAP、その名もギョル渓谷でアサシンソロをやってみる。
沸きは微妙。だけど微妙だからこそソロができる。

ハッキリ言って、この場所で囲まれたら呆気なく逝くだろう。

ここには今話題の新mob、ロリルリが出る。
私だって垂れ猫は欲しい。つまりロリルリがドロップする黒猫の人形が300個欲しい。
だから焼け石に水のような感じではあるが・・・ソロやってみようと思ったのだ。

モロクからコモドへ。以後は歩きでひたすらニブルを目指す。
まぁ徒歩と言っても、もちろんハエでショートカットはするのだが・・・

途中にMHにぶち当たったりしながら、目的地に到着。
相変わらず人は多めだが、そこは気にしないことにする。

多少のラグには負けません。アサシンですから!!

しばらくウロウロして、空いている場所を見つけて座り込む。
ここで定位置決定。こんな場所で走り回る気にはならない。

戦ってみて。

>ハイロゾイースト
ぬいぐるみ???
それほど強くはないが、たまに使ってくる速度減少がいやらしい。てかやめてくれ (--;)

>ジベット
木に人形がぶら下がってる・・・
それほど強くはない。ギョル渓谷だと結構コイツに絡まれる。よく見ると怖い。

>デュラハン
攻撃方法が根本的に間違ってませんか君は。剣とかどうしたよ剣とか!
クリティカルスラッシュがかなり痛い。1000ぐらい持っていかれる。
Sマントを落とすらしく、ドロップ品で考えれば優秀?
不死属性だから、聖属性攻撃とかTUとかが大活躍な予感。

>ブラッディマーダー
でかい。かなりでかい。で、君は人間なのか・・・・・・・
たまに使ってくるソニックブローにさえ気を付ければ、図体でかいだけの標的。
隣の人がSBの直撃受けていたが400×8のダメージだった。
HPは高いから、どうしても殲滅に時間がかかってしまう。

>ロリルリ
色々狙ったとしか思えないmob。黒猫の人形の所為で人気急上昇中。
だが、こいつがまた普通に強い。きっとニブルで出てくるmobの中で一番上。
通常攻撃を受けると1400ぐらい喰らうし、なかなか当ててくる。
MDEFが高いからWIZ泣かせであり、HPも23000↑と高め。
そしてリバースオーキッシュを使ってくる。これでかい。うん。

そして、この日に学んだこと。

囲まれると本当に呆気なく死ぬ・・・・・・・・
(お察しください)
<><><>
25日 めての
連絡

ROちぅ Contestに作品表示。
作品名 〜ふたりのアコライト〜
執筆者 みどりん

初投稿!


パンヤ

本日初対戦、たーさん。
カクカク動く画面で頑張る!

・・・のだが、コース途中でパンヤそのものが落ちてしまい、断念。
今度はフルセットで勝負だ。

この日は初めて、大会というものに参加した。
十人以上集まって初めて起動するというシステムで、
私はキニと偽と三人で同じ大会に出場することにする。

大会って聞くとなんか厳かなイメージがあったのだが、
やってみるとただひたすら自分一人でコースを消化していくだけであった。

同じ大会出場者も同じホールをまわっているが、順番待ちの必要はない。
ただ誰がドコにいるか(玉があるか)見えるようになってるから、
最初のホールは凄かった。

人の名前が飛んでいく!

さて。

私は過去に一度だけ、BLコースを全てまわったことがある。
その時のスコアが+10・・・輝かしいモノではない。

少なくても、そのスコアを塗り替えてみせる・・・・・
てか、せめてマイナスに・・・!

大会を開始して間もなく気付く・・・

うわ! キニ進むのが早い!!
一人だけ先のホールを突っ走る感じだっ!

負けてられん、と私もハイスピードで打ちまくる。
どうせアレだ。グリーンに乗せる時とパットの時しか集中しなくていい(嘘)

順調に飛ばしまくるキニ。
着実にスコアを伸ばす偽。

最初の方は、十数人の参加者の中で上位を私たち三人が占拠するという
面白いことになってたりしたのだが・・・

最初こそ調子よかった私だが、
後半でダブルボギー出してみたりパット外してみたり色々あって・・・

最終的に8位(ぐらい)。スコアは-6でしたとさ。

ちなみにキニは4位。偽が2位という成績を・・・・
おめでとさんっこのやろうっ^^


RO

パンヤに押しつぶされた。
ニブルヘイムソロとか試してみたかったんだけど ( ´−`)
<><><>
24日 者の街
パンヤ

遠距離からのチップイン成功!
その距離は167.64y!
えぇ、狙いましたよ?
・・・いや、狙ったってことにしましょうよ。

まぁ常日頃から、カップインは狙ってるんだけど ( ´−`)


RO

さて。
ニブルヘイム、そして新頭装備の実装である。

皆の者準備はよろしいか?

新頭装備の材料は?
ニブルヘイムへの道順は?
新mobの情報は?
クエストってなんぞや?

私は幸ハンターと一緒に、ニブルヘイムへと行ってきた。
ポタが無かったから、コモドからの歩きである。
と言っても途中でハエを使ったりしてショートカットし、ウンバラに到着。
ウンバラダンジョンへと突入し、そして最下層の中央にある点を目指す。

・・・・・そして、前には存在しなかったワープポイントに乗った。
これより先が新MAPだ。ドキドキである。

画面暗転。

次の瞬間目の前に広がっていたのは・・・
まるで、黄泉へと続く道を思わせる細道だった。
周りは水で囲まれており、滝なんてものもあったりする。

その中を、人に紛れるように進み・・・

雰囲気が変わった。
黒い空間。黒い道。黒い世界。

そうか!!
ここは黒ラックが支配するせか・・・・・・

・・・・・・なワケない。

話によると、このダンジョン(?)の最下層がニブルヘイムの街らしい。
それがだんだん近くなってきた。ということなのだろう。

MAPには黒い物体が飛び回っている・・・・

そうか!!
それは黒ラックが生み出した子ど・・・・・・・・

・・・・・・・・・・なワケない。

mobかと思ったのだが、どうやらただの演出効果らしい。

・・・まぁそれはおいといて、である。

人多!!
さすが実装初日!!
なんだこの数は!!


見ろ!!
人がゴミのようだあああ!!


(-.-;)y-゜゜

当然の如く、重かった。

そのまま道を突っ走って、やっとニブルヘイム到着。
途中で何度か新mobに襲われたりしたが、難なく撃退した。

これだけ人が多いと、mobにタゲられる機会すら減る。
特にここでは・・・・そう。
垂れ猫のために、あのmobを狙って定位置狩りをしようとしている人が多い。
多すぎる (-.-;)y-゜゜

街をまわって・・・る途中で疲れてしまった(走るのが嫌になった)私は、
幸を誘ってあのmobを狩ってみることにする。

ロリルリ
種族 悪魔  属性 闇4
HP 23470 DEF 39+54 MDEF 44+74
要HIT 157 要Flee 227

・・・MDEF高すぎや・・・・WIZ泣かせ・・・ (--;)

このロリルリってのが落とす『黒猫の人形』が、垂れ猫の材料なのだ。
その数300!!

少しの間定位置で狩ってみたが、一つも出なかった。
なんていうか・・・300って数字が果てしなく遠くに見える。

でもでも、黒猫の人形が一個で250kからの競売とか、
それはないだろうと思うんだけれど・・・

ドロップ率悪いのかな?
良さそうでもないけど、アリスのエプロンぐらいは出てくれるのかなぁ。
<><><>
23日 り得ない回転
連絡

ROちぅ Contestに作品表示。
作品名 -いつまでもここに-
執筆者 ムナック(2)

常々お世話になってます ( ´−`)


パンヤ

このゲームの恐ろしいところは、
気がついたらかなりの時間が経過してるトコロである。

ROで狩りなんてしてるとそうでもないのだが、
このパンヤとゆーゲームは、ホールをまわってるだけでトンでもなく時間経過してたりする。

「ええぇ?! もうこんな時間ですか!?」
ってのもざらである。

そんなわけでこの日。
いつの間にか始めていたらしいキニと、ホールで合間見る。

二人でやってみたら、なかなか良い勝負を展開。
たまにキニが漢を見せる(暴走する)のが面白かった(ぉ)

てかトマホークの成功率高いですねアナタ。なかなかやるな。

その後で幸と偽が合流し、四人で流す。

私は身内の中でも下手な方だから、少しでも上手くなるために頑張る次第である。
まる。

そうそう・・・
幸が寝たあと、私とキニと偽の三人で6ホールプレイしたのだが・・・・・

とあるホール。
二打目。偽の出番。

カップまでかなりの距離がある。
ここは次の一打でグリーンに乗せて、次決めてバーディでいいだろう。

・・・・と、思ってたのだが。

偽が打つ。パンヤ!
玉は加速し、大空を飛んでいく・・・・

グリーンに落ちる。

カップよりちょっと逸れた。ううん、惜しいところだ。
でも次決めれるだろうから、バーディか・・・・・

・・・・・・?!

キュルキュルと回転し始める玉。
バックスピン・・・・・!?

高速回転した玉は、少しだけ後ろに動く。
その、少しだけ後ろには・・・・・

カラン。

イ・・・・イーグル・・・・・・
というか・・・スーパーショットだーーーっ!!

君には負けたよ (-.-;)y-゜゜
<><><>
22日 マホークはコース破壊技
パンヤ

パンヤを初めて二日目。
・・・実は一日目の方がスコア良かったというのは、もうなんてーか秘密。

この日は、ジクさんやラフ、ニセモノと会ってパンヤである。
ジクさんは一人だけ先を突っ走っていて、私たちはその後ろを追いかける形だった。


朝。
幸と私とジクさんで、BLコースをまわる。
傾斜や風、ホールの注意点などをジクさんから聞きながらのプレイ。
ほんと、参考なる ( ´−`)

実際のゴルフで対戦相手にアドバイスするのはダメらしいが・・・

しばらくホールまわっていると、ラフが参戦。
トルネードショットとかを見て驚愕したりしながら、私たちは打ちまくっていた。


昼。
パンヤッ!


夜。
幸と零と私の三人でパンヤしてたところ、
ニセモノ(ねこギルドのモンク)からメッセが届き、四人でやることに。

まず個人で対戦した後、チームプレイに初めて挑戦。
お互いがお互いを補佐・・・というより足を引っ張り合い、なかなか面白かった。

のだが、何故かニセモノが強制落下するというハプニングが発生し、
最後までまわれなかったのが心残りである。


というわけで・・・・・
ほぼ一日中パンヤしてた。

私がPCに向かって長い時間ずっとゴルフゲームしている姿を見た姐さんが、
「オヤジかっ!」って突っ込みを入れていた。


RO

幸ハンターと一緒に監獄へ行く。
私はWIZで。幸とのコンビネーションの見せ所だ。

いくら何でも監獄2は恐ろしいので、1から攻めてみる。

さて。
リビオである。

リビオって人間じゃないのである。
人間だと思ってる人は多そうではあるが、ヤツは悪魔なのである。

・・・・当然って言えば当然なのだろうか。
アレで人間だって言うのはどうだろう・・・・・・

・・・・・・・・って言うと、コボルトとか・・・・
あれって人間か?!

ゼノークとか!
あれって人間なのか!?

人間って・・・
人間の定義ってなんなのさ!!

・・・・話が逸れた ( ´−`)

監獄1では、このリビオが要注意なのだ。
ぶっちゃけると、こいつからのソニックブローを喰らうと死ぬ

幸ハンターを前にして、私は後ろから援護。
QMを使えばかなり幸が避けてくれるから、その間に殲滅である。

数が多くなったらHD。さらに多くなったらSG。
JTで吹っ飛ばしてFWを当ててみたりしたが、この手法はなかなか使える。

凄い沸きに遭遇して死にそうになったり、それでも死ななかったり、
SPが無くなって四苦八苦したり、座った瞬間隣にmobが現れたり・・・

飽きない狩りであった。
<><><>
21日 ャディーは紙。そのうち神
パンヤ

少し前に、ROの某大司教様の日記に、
このパンヤというオンラインゲームのコトが書かれていた。

パンヤとは、簡単に言うとゴルフゲームである。
PSで発売されて人気を呼んだ『みんなのゴルフ』と似たようなゲームと言って間違いない。

へぇ、ゴルフゲームか・・・とその時はさして興味を示さなかったのだが、
この日に仕事が早く終わって、午後の時間がぽっかりと空いてしまった。

とは言っても、何も予定を立てていなかったからコレと言ってすることがない。
とりあえずROに繋げて友とチャットしながら昼食を食べつつ、何をしようか考えていた。

ESPをやってもいいし、このままROで狩りをしてもいい。
外に出てみるのもいいし、昼寝ってのもまた一つの手だ。

そんなことを思いながら、ネットサーフィンをして情報収集(?)をしていたとき。

某大司教様のサイトで、再びパンヤの情報を見る。

ふぅん・・・・・
ま、モノは試しってヤツか。

パンヤ公式ページを覗いたら、どうやらまだテスト中で無料らしいことを知る。
無料ならやってみよう。そんな軽いノリでID登録、クライアントDL。

そういや、ジクさんやラフなんかも、パンヤパンヤ言ってた気がする。
きっとこのパンヤのコトなんだろう。運が良かったら会えるかもしれない。

下準備が滞りなく終了し、とにかく繋げる。
キャラクター設定・・・って男しか選べない!
しかもパターンが一つしかない!

・・・まぁテスト版だしなぁ。

上着を黒色に設定し、いざゴルフの世界へ!

最初なもんで、とにかく説明を聞いて操作を覚える。
ショットのやり方は本当にみんゴルと同じだった。
後はアイテムとか・・・この辺りは使ってみないと分からない。

(この時、トマホークショットとかその他の特殊ショットがあることなんて
 気付く気配すら見せない私だった)

説明してくれるキャディーに言われるがままに、操作してみる。
ショット。溜める。止める。打つ。パンヤ!

・・・ってナイスショットって「パンヤ!」って言うんかい!
パンヤルール適用である。実際ゴルフ場で誰か言ってくれないかな。パンヤ!

説明を聞き終わり・・・・
正直覚えきれなかったような気がするのだが、きっと気のせいだろう。

というわけで一人でホールをまわって練習してみる。
とりあえず普通に打ち、普通に転がし、普通に入れる。

一番簡単なコースだったのだが・・・
18ホール終わる頃には、スコアが+20近くになっていた。
一回池に落としてしまうと、思い切りテンションが下がってしまう・・・ (--;)

終わってみて、なかなか楽しかった。
でもまぁ一人には限界というものがあるから・・・・・

その時、門倉零という生け贄のメッセンジャー接続の知らせが届いた。
・・・・・捕捉。

そうして零を仲間に引き入れ、二人でパンヤ!
初心者な二人はお世辞にも上手だとは言えなかったのだが、
二人とも同等ぐらいの実力で手に汗握る熱戦だった。

その後、幸もパンヤに引き込み・・・・・
そして始まった18ホールマラソン。

寝たの朝の4時過ぎだった。


RO

盟約ギルド狩りに引っ付いて、ごっつミノに挨拶に行く。
いつもいつも、牛さんには私のWIZがピラ地下2でお世話になっております。
・・・いやホント。

私はBSを使い、みどりんプリ(支援)とグラウクルセと同じPTを組んだ。
動物盾なんてモノは持っていないが、それでも多少は耐えてみせる!

GHの修道院から侵入し、カタコン、地下水路と進んでいく私たち。
現れたmobはたこ殴り状態だ。数の暴力って本当に怖い(ぉ)

私が一番困ったのは窓手である。
ぶっちゃけると、私が前線で戦うのはちょっと痛すぎる。
だから、後方の方で待機。ネズミやらが出たら駆除開始という感じになった。

己の無力を思い知るような場所である。嫌いだー!

そして長い道のりを経て、ゴツミノ到着。
私たちのPTはそこで他の人たちから独立し、三人で行動を開始してみる。

固いクルセに、微妙に固いかなBSに、支援プリ。
ふ、面白すぎる。
この戦い、そう簡単には負けないよ!

ゴツミノが出てきたら、単体ならば水チェインを使って普通に殴る。
ミノを召喚した状態ならば、カートレボリューションを使ってまずミノを殲滅し、
その後にゴツミノを料理する。

その作戦で私は動いた。
戦った。なんて言うかがむしゃらに殴った。

グラウも戦った。みどりんも戦った。

次々と現れる強敵(と言ってもゴツミノばっか)
それに臆することなく突撃するグラウ。
炸裂するCR。
休む暇がないみどりん。

そして・・・・・・・・・

みどりん : 先生。SPがありません

死の宣告だった。
<><><>
20日 ウル・イーター


 秋も終盤。
 吹く風は多少の冷たさを含み、赤く染まった木々の葉はそれにざわめいて散っていく。
 夕焼けに染まった空は、まるで燃えているように真っ赤に染まっていた。

 俺はその赤い世界の中を、ゆっくりと歩いていく。
 紺色のズボンにブレザーを着た俺は、どこからどう見ても高校生だ。
 学校が終わり、部活もしてない俺はそのまま商店街まで足を運んで時間を潰して、
 そして今家路についている。

 何事もなかった一日だった。
 朝起きて、学校に行って、授業を流して、商店街で時間を潰して、
 家に帰って、また外に出てぶらぶらして、寝る。
 高校に入ってからずっと、飽きもせず繰り返してきて行動。

 ・・・飽きもしないわけじゃない。実は言うと、こんなこととっくの昔に飽きてしまっている。
 ただ、他にやることがない。それだけだ。

「はぁ」

 息を吐き出す。そのため息は誰にも聞かれることなく、秋の風がさらっていった。
 退屈な日々。代わり映えのない日常。
 でもそれに不満はない。変わって欲しいとも思わない。
 だた流れていくだけだ。

 俺はこのまま、なんとなく高校を卒業して、なんとなく大学に行って、なんとなく就職して。
 なんとなく恋とかなんかして、生きていくんだろう。
 それは楽な生き方だ。不満なんて、あるはずがない。

「・・・・・・・?」

 俺が歩いている道は、それほど広い道じゃない。
 車二台が、なんとかすれ違えるほどの広さの小道。
 その道のど真ん中に、少女が立っていた。


 ――生きていたかった――


 深い青色の髪の毛を、腰ほどまで伸ばしている。
 気だるそうな瞳は、どこか遠くを見ているかのようで・・・俺の目を引いた。


 ――死んでもいいと思った?――


 俺はいつの間にか、足を止めていた。
 少女はそこに立っている。でも俺を見ているわけじゃない。
 俺が見えていないのか、それとも見ようとすら思わないのか。


 ――何もない俺は、無価値だ――


 動けなかった。
 何故かは分からない。
 俺はその少女から、目を離せなくなってしまっていた。


 ――何もないからこそ、生きていないとだめ――


 ゆっくりと、ゆっくりと。
 少女の瞳が、俺に向けられる。
 俺はそれをただ呆然と見やる。
 あ、という風に、少女が片手で自分の口を押さえた。

「キミ・・・私のこと・・・・・見える、の?」

 そしておかしなコトを聞いてくる。
 見えるの、ってそりゃあ。

「思いっきり見える」
「・・・・・・・・そう、なんだ」

 何故か俯いてしまう少女。
 俺は混乱した。
 もしかしてこの女、自分が透明人間か何かだと思ってるんじゃないだろうな。
 だとしたら危ない。イッてしまってるヤツだ。

「じゃあ・・・言うよ」

 初対面の彼女は、またもや突拍子の無いことを言ってくる。
 言うって、何をだよ。
 もしかして愛の告白か?
 こんな状況でそれもないだろ。
 こりゃあホントに、アブナイ人か?
 少女は微笑み―――哀しげに微笑みながら、俺に言った。


「キミは、近いうちに、死にます」



 魂を喰らうモノ(仮)


///


とりあえず閃いたネタを、忘れないうちに書き留めたメモ書きのような物体↑
なんかそのうち、連載モノの小説書きたいよなぁ・・・
でも途中で詰まるんだよね (--;)

やっぱり一度完成してから、ちょこちょこと出すべきか。
いや完成したら一気に載せたいよなぁ・・・(ぉ


RO

零が来た。
もう久々過ぎて「誰?」となっても致し方ないような零さんである。

相変わらずのアコライトだった。
頭にはアホ花を咲かせ、手には血まみれのチェインを持っていた。


そんな浦島太郎な彼を引き連れて、ピラミッド地下に牛を食べに行く・・・


私のBSとみどりんプリ(支援)がPTを組み、その後ろに零アコが続く。
地下に入った瞬間、待ちかまえていたかのように一匹の牛が襲いかかって来た。

キニに借りている水チェインを片手に、それに殴りかかる私。
動物盾なんてモノは持ってないVIT型BSの私であるが、
牛の通常攻撃ならばそれほど痛いというワケでもない。

AR等のスキルを使用し、かつみどりんからの支援が飛んでくる。
負ける気がしないとはこのこと。
調子よくボコスカ殴っていると、牛の後ろから・・・

零が血まみれのチェインで、悠然と牛を攻撃する!

その姿は勇壮である。
英雄である。彼だけの英雄である。
阿修羅とか使えそうである。アコライトだけど。

で。

牛のターゲットが零アコに変更。
零の最大HPは1000に満たず、牛の攻撃も避けきれない。

数秒後、久々に地面の味を噛み締めている零アコの姿があった。

とりあえず零さんは牛に攻撃禁止。
タゲを取り済みのベリットのみを狙って頂くことにして、私が牛の相手をする。

やはり牛の属性攻撃が痛いが、それでも支援があるお陰で普通に狩れていた。
ビバブレス、ビバヒールである。

零はまだまだベリットが美味しい時期らしく、涙を流しながらベリットを叩いていた(嘘)

本日はそんな日である。
<><><>
19日 はカラスが本体らしい


幻想水滸伝Wの発売日・・・・だっけ?
結局予約しなかったなぁ。すぐに買うつもりないし。
VもまだクリアしてないのにW買ってもなー。

そういえば、私のPS2のメモリーカードデータが吹っ飛んだ。
もし昔の私だったら真っ白になるぐらいのショックだったんだろうが、
今は「あー、消えたんだ」程度のダメージだった。

・・・PC効果でかいなぁ (--;)


RO

いつもと違う場所に行こう。
そんな気分だったので、かなり久々に沈没船に行ってきた。

沈没船である。
半分船が沈んじゃってるMAPである。
何故か、禿とか沸いてしまうトコロである。

私WIZと幸ハンター、ホロハンター、奥様ローグの四人PT。

・・・考えてみると、全員遠距離攻撃・・・
後衛職である。

まぁハンターローグの三人はAGIあるからFleeもあるわけで、
狩りをするにあたって大きな問題はない・・・ハズだ。

そういうことにしておこう。

沈没船に入ると、懐かしい音楽が耳に・・・
・・・・・あれ?

聞いたことがない音楽が流れてきた。

変更されたのかなーとか思っていたのだが、後になって気付く。

あぁ、そういや差し替えたんだった。ROの音楽 (-.-)y-゜゜

沈没船一層はほぼ素通り。問題は二層である。

二層に入った瞬間、禿から熱い歓迎を受けた。
それを難なく撃退する私たち。

禿でも一匹であれば、苦もなく捌けるようだ。
さすが火力型PT。プリ無しなんていつものことこと。

とりあえず中央のフロアを突っ切り、真っ直ぐ上を目指す私たち。

確かそこは、MVPBOSSのドレイクが出没する小部屋である。
他にもミミックやらペノメナやらが沸く、なかなかにしてアツイ場所だ。

美味しいかどうかなんて知りません。うん。

その小部屋へと続く通路の上。
私は皆から少し遅れて進んでいたのだが、上の方で何やら激しい音が・・・

誰かのHPゲージが、ヤバイ勢いで減っている!
ヒール・・・・!
って私のヒール(ヒルクリの恩恵 ヒールレベル1)じゃあまり意味がない!
ここはやはり一刻も早い殲滅、もしくは足止め!

私はQMを打ち込んで、その後にSG1を詠唱。
しかしその間に、殴られまくっていたホロが倒れてしまっていた。

おおおお!?
何してくれるんだ貴様らあぁぁぁーっ!!

お礼参りである。
貴様等の存在を消してやる!!

さっきホロを集中攻撃をしていたのは、複数のペノとミミック。
それにパイレーツスケルが数匹。
ペノなんて一匹でも素で避けきるのは難しいのに、それが複数・・・

しかし。
私は偉人の言葉を思い出していた。

「攻撃される前に殺れ」

そうだ。
避けられないような高HITの攻撃を繰り出してくる敵がいるのであれば、
攻撃される前に抹消すれば良い。

唸るDS。
迸るSG。
高火力でその場を押し切った私たちは、何とかその場を占拠。
思ったよりも沸きがよかったその場で、しばらくペノとミミック相手に奮闘する。

・・・

その後、とりあえず全部屋をまわった後に再びドレイク部屋に戻ってきた私たち。
そのまま狩っていたら、徐々に人が増え始めた。

さっきふらっと現れたラフWIZが言っていた。

蒼 : ドレイク出ないかなぁ

ラフ : (ドレイク)時間になったら、人増えるから安心しれ

そうか。
てことはもうすぐ出てくるのか。

オーラBSや、ペコにまたがったクルセイダー、騎士、プリースト、ハンターが続々登場。
どうやらBOSS狩り常連さんだ。

そんな人たちが出てきた=本当にもうちょっとでドレイク出現

ワクワクしながらその場に待機していると、

フッと沸いた。
本当にフッと沸いた。
普通のmobが沸く感じで沸いた。

もっとど派手に出てきたらいいのにー!
と思いつつ、私はMSを使う。

え? WB?
残念ながらありません。

皆がそれぞれの最高火力スキルを用い、ドレイク一斉攻撃。

拍子抜けするほど呆気なく、ドレイク撃沈。
MVPはハンターさんだった。

その後、私たちの出番は終わったと言わんばかりに早々と撤収していく彼ら。
BOSS狩り終わった後に、見知らぬ共闘者とマッタリ会話・・・
なんてことは無くなってしまったのだろうか。

ちょっとだけ寂しい感じがした。


その後。
ミミックから青箱が出たらしく、ホロがそれをカパッと開ける。

中身は水晶の矢。
素晴らしい ( ´−`)
<><><>
18日 されるか。それとも死ぬか。


携帯使用料未払いの通知が届く。

・・・は?
はぁああ?!

とりあえずそれを持って携帯ショップへ。

未払いだった先月分の使用料を支払い、
「てか、なんで未払いになってるのか分からないんですけど」
と聞いてみると・・・

私が携帯を買ったのは高校生の頃で、その時は銀行に口座なんてあるはず無く、
私の携帯使用料金は親の口座から引き下ろされていた。

だけれども、私はもう社会人である。
給料ももらってるし、銀行に自分の口座も持っている。

だから、前に携帯の機種変更をするときに、
使用料金を払う口座を親のから私のに変更した。

ハズだったのだが。

手続きにミスがあったらしく、後日自宅に再度書類に書き込んでくれという手紙が届いた。
同封されていた書類に必要事項を書き込み、出してやる。

そう、私はそれで解決したと思っていたのだが。

いや、実はそれで解決してたりしてたのだが。

「あー、あのですね。先月分と今月分の携帯料金のお支払いは、
 請求書払いになってるのってご存じです?」

「・・・・・へ?」

「来月分からはちゃんと変更された口座から引き下ろされるんですけれど、
 先月分と今月分は請求書が届いたらお支払いしていただく形になってます」

「そ、そうなんですか?」

「(苦笑)」

そんなことを、機種変更の時に言われたような・・・言われなかったような・・・・・・?
なんか恥ずかしかった (-.-;)y-゜゜


RO

それはモロクの拠点前での出来事・・・
私と幸、そして奥様がアマツへ行こうと話をしているときである。

幸 : 行くか

奥様 : 行ってみる?

蒼 : 私は行きます。ネタのために

今、アマツでは何かイベントが開催されてるようなので、
ネタ獲得のために行ってみようと思ったのだ。

てか、BOSS部屋ってのがあるらしくて、私はそれが見てみたい。

これより下、別に言葉の順番を入れ替えたりしてませんのであしからず。

幸 : アミ奥様、PTリーダー?

奥様 : リーダー違うよ

幸 : 赤ちゃんマダー?

奥様 : まーだ

幸 : んじゃ、作るか

蒼 : 赤ちゃんをか?!

そりゃあビックリですよっ! Σ(--;)

奥様 : 赤ちゃん?
奥様 : マイッタナ(*ノノ)

蒼 : 爆弾発言だぞ今のっ!

奥様 : あおさんっ、ネタひとつっ
奥様 : savechatだ

もうしました ( ´−`)b

幸 : うお、すごい発現だなw

今頃気付く当人。
一つの会話中に二つの内容を入れようとするからこうなるんだっ!

というわけで、アマツに行くまでもなくネタが出てきてしまったのだが、
だからと言って引き下がる私たちではない。(なんか違う)

その後ログインしてきたみどりんプリ(殴り)を引き連れて、私たちはアマツへと向かう。

今だとアルベルタから無料で飛ばしてくれるNPCがいて、
私たちはそれでアマツに到着した。

夜の街。そしてダンジョンの音楽。
いや、やっぱり何か出てきそう。そら沸け河童。

まぁそんなのを待っててもしょうがないんで、情報であった井戸というものを探す。

・・・ちょっとだけウロウロして、発見。
人が溜まっていた。実装されて間もないイベントはやっぱりこうなるよなぁ。

その井戸の前に居たNPCに話しかけ、そして内部突入。

そしたら、皆の頭上にギルドエンブレムがあった。
うわ、シーズモードかっ。
てことは攻撃が他の人に当たる。
ということは無闇に大魔法とか使えない!

・・・いや、それだけなんだけど。

最初の部屋には、四隅にワープポイント(WP)があった。
まぁ、どこに飛び込んでどこに繋がってるかなんて知らないし・・・
とりあえず右上のWPに突撃。

私は廊下の上に立っていた。
その廊下は左右に伸びていて、右の突き当たりにはWPが見える。

そして逆方向は・・・・・
なんだアレ。
禿がたくさんいる・・・・・・・・!

襲いかかってくる?!
と思ったのだが、どうやら移動できない部分により見えない境ができているようで、
禿軍団が殴りかかってくることはなかった。

まぁアレだ。
もしもあの数に襲いかかって来られたら間違いなく死ぬ。

スゴイMHが見えるが、どうやらそれだけらしい。
ちょっと拍子抜けした私は、右にあったWPに乗る。

そしたら、人が密集してる広間に出た。
近くでは戦いを始めている人や、それから逃れるために逃げる人。
ギルドで集まって座り込みをしているトコロや、
普通に歩こうとしたら人を殴ってしまって謝ってる人などなど。

とにかく沢山いた。

そこで気付いたのだが、どうやらWPにはランダム性があるようで、
同じWPに乗っても必ず同じ場所にたどり着けるとは限らないらしい。

法則あるのかもしれないが、少なくても私にはわからないっ ( ´−`)

とにかく乗りまくろう。
そう思って突っ込んでいったWP。

画面が黒く染まる。
読み込むゲージが溜まる。
そして画面が明るくなる。

・・・・・・へ?

見えた。
なんかdでもないモノが見えた

死んだ。
当然の如く死んだ。

(-.-;)y-゜゜

そしてこのイベントには実は終わりがあるらしく、
アトラクション管理人(?)だっけかに話しかけるととりあえず終了らしい。

私たち四人の中でただ一人辿り着いた幸さんのコメント。

幸 : 鬼つまんね

鬼ですか・・・ (--;)

奥様 : このイベントは何をやりたいんだ

蒼 : 夏だからMH見て涼しくなれってことさ

幸 : アトラクション管理人に殺意を抱かせるイベントだ

そうくるか幸さん Σ(__;)
<><><>
17日 息の終わりの日


お盆の連休最後の日。
色々あったなぁ・・・この連休。

蚊に刺されたり。
蚊に刺されたり。
蚊に刺されたり。
そして蚊に刺されたり。

・・・・・・

痒い思い出ができた。
泣きそう。


この日かなり久々に零をメッセンジャーで見かけた。
どうやら、やっとネット環境整えたらしい。
近々ROにも顔を出すかも。てか出させる!

え? 貧乏学生? 金がない?
知ったことかぁぁぁ!!!


RO

現在、アマツが真夜に見舞われている。
・・・というのは冗談で、アマツの街が夜になっているようだ。

ポタに乗って行ってみたのだが、なるほど街は夜の雰囲気。
そして、何故かアマツDの音楽が流れていた。

普通にmobとか沸きそうな雰囲気である。
と言うか沸け。河童とか大量に沸け。さぁ沸け。

今だと、BOSSが馬鹿みたいに沢山居る部屋とか、肝試しイベントとか色々あるらしい。
話のネタに行ってみたいモノである。

この時、行ったついでにWIZでモモタロイベントに参加してみたのだが、
最初のドケビは楽勝。(真ん中に高レベルSGでカタつきますいやホント)
そしてその次に挑戦したアムトト・・・
メマーこそ喰らわなかったけれど、闇属性攻撃を受けて撃沈してしまった。

あと一匹だったのにっ!
自分の腕の未熟さを感じまくった戦いであった (--;)


れおなんプリに引きずられて、火山1で狩りをした。
ぶっちゃけると、れおなんプリとは未だに公平できない。私のレベルが足りない。

それでも、狩り場で出たマステラを全てれおなんにやるということを条件に、
お供させてもらうことになった。

まぁ、マステラだけってんじゃあ私の気が済まないので、
出た収集品は全てやるつもりだったが。

久々に火山で狩った・・・というより、プリの支援有りの火山に行った。
正直支援がある場合の狩り方を忘れていて、とりあえずSGを打ち込んでいた感じだ。

それにしても、惚れ惚れするような支援である。れおなんプリ。
私がどんなヘマをやらかしても、それを難なく切り抜けてしまう。
死ぬ気がしないとはまさにこの事だ。

たまーに動きが停止して、落下してしまったりするのはご愛敬である。
(今回の狩りじゃなかったけれど)

そんな感じで小一時間ほど狩ったのだが、
あっという間にlが溜まっていきレベルアップ。やっと83である。
非公平のチカラってのは恐ろしい。

さりげなく幸ハンターに追いついた。そして近々追い越すつもりである。


そしてこの日は、前々から宣言があったうるるの撤退日であった。
なんでもチケットが切れるとかで、その後テストとかどうとかでしばらく休止するらしい。
まぁ・・・・なんだ。
早く帰ってきなさい。

というかギルド抜けるの忘れたかいうるる?
こりゃ一刻も早く戻るしかないねっ。
<><><>
16日 ナゴの日
連絡

ROちぅ Contestに作品表示。
作品名 剣士とアコライト
執筆者 蒼

よっし、一番乗り!(ぇ)


アナゴ

家族でお盆恒例親戚巡りをしてきたのだが、その時の昼食にそば屋に入った。
とにかく腹が減っていた私たちは、この際食べれるモノなら何でもいいという感じで、
初めて見るそば屋を見つけて入っていったのだ。

昼時をいうこともあって、そのそば屋は大盛況だった。
席が空いておらず、しょうがないので近くにあった椅子に座って順番を待つ。

しかし・・・店に入ったというのに、いらっしゃいませの一言もないのはどうだろう。
忙しいのは目に見えて分かるのだが、
客が入ってきたら一言あってもいいんじゃないだろうか。

そんなことを思ったりして、初っぱなから接客はマイナス評価だ。

しばらくその場で待っていると、一つのテーブルが空いたようだ。
そこに案内・・・なんてされず、私たちは勝手にそのテーブルに座る。

置いてあったメニューを眺めた。

梅とか竹とか松とか・・・あぁ、そういやこんな表現あったなぁ。
まぁそば屋に来たんだから、そばを食べようか。
そばと天ぷらセットで、値段的に一番高かった松のそばを頼んでみる。

待ち時間の後、松そばが運ばれてきた。
ざるに乗っかっているそばと、皿に載っている天ぷらが複数。
腹が減ってはなんとやら。とにかく私たちはそれぞれ頼んだモノを食べ始める。

そばを食べる。
・・・ほどよい堅さ。柔らかすぎず固すぎず、最高の食感を出している。
天ぷらを食べる。
・・・食べた瞬間、サクッとなって中のおいしさが口の中に広がっていく。
天ぷらの一つ、アナゴを食べる。
・・・これ反則。

ずばり言おう。めっちゃ美味かった。
もう接客とかそんなことはどうでもよくなるようなレベルだった。
これは客多いわけだ・・・

私たちは出された品を残さず食べ、満足して帰ったのだった。

・・・一つだけ心残りなのが、暖かいそばを食べれなかったことである。

実は私、冷たいそばよりも温かいそばのが好きだ。
今回注文した際もてっきり温かいそばを頼んだと思っていたのだが、
よくよくメニューを眺めてみると、私が指差したのは冷たいざるそば。
そのメニュー表の裏に、温かいそばの文字が・・・

ショックだった。
いや、おいしかったけど!


ESPGALUDA

私がこの作品を知るきっかけになったゲーセンに行き、改めてプレイしてみる。
やはりコントローラーを握ってやるのと、スティックを使うのとではだいぶ勝手が違う。

しかし画面が大きいため、多少避けやすいかもしれない。
・・・それと周りの雑音にかき消され、
ボスが死ぬ前に出す警告音が聞き取りづらいのがちと辛い。

それでも私は戦った。必死になって戦った。

その結果、ランキングにその名前を残すことに成功する。

・・・・・と言っても、そのゲーセンではESPGALUDAは人気がないのか、
(と言うかシューティングゲーム自体に人気がないのか)
ランキングは人の名前が少なく、デフォルトで入ってるスコアが並んでたりした。

しかし。
しかしである。

そのランキングの一番上に、
私のハイスコアに比べて桁が違う点数を叩き出している人がいた。

なんか、どこかの廃プレイヤーがふらっと現れて、ワンコインで軽々とクリアして、
スゴイ点数を残して何食わぬ顔して消えていく・・・そんな姿を想像した。

うわ、ちょっと格好いいかも(ぉ)


RO

プロ北に行ったりしたが、やはりあそこのMH掃除は面白い。
一瞬の油断で死ねるような緊迫感がいい。

・・・でも、流石に何度も行くと狩り慣れていくと言うか、
的確な行動ができるようになり、危機になることが少なくなってくる。

それは良いことなのだが、でも緊迫感は薄れていくコトに・・・

悩みどころである。きっと。
<><><>
15日 れや踊れ!


親戚の家をまわってきた。

その時に、とある地方の祭りを見てきた。
音楽に合わせて、それぞれの地域によって違う踊りを踊りながら街中を練り歩く。
そんな祭りだ。

この日に見たのは本番前のリハーサルのようなものだったらしいのだが、
これがまた、見ているだけで面白い。

正直言おう。
私が住んでいる県で有名な祭りと言えば、花笠祭りというモノである。
文字通り花笠を手に持ち、それを使って踊りながら歩く祭りなのだが、
私は何が面白いのか分からない。

いや、あくまで見ていての話ではあるが、
あの踊りを延々と見せられたら飽きるのが普通ではなかろうか。

盛り上がりに欠けるというか、ノリに欠けるというか。
とにかく私は地元県民でありながら、その花笠祭りには一度も参加したことがないし、
見に行ったコトすらないのである。

どうしても、おもしろそうだとは思えないのだ。

だけどこの日見た祭りは違う。
音楽も踊りもノリが良いモノで、
一緒に踊ったら気持ちよさそうだと思わせるような踊りと音楽であった。


RO

BSを出して、牛に行ったり時計地下に行ったり。
本当、たまにやると面白い。BSさん。
<><><>
14日 すぎる
連絡

++ No Title ++
奥様

Dimorphotheca
スラフ (二号)

†朧幻想†


ホシノカタスミ
霞喫茶

あーるえいちぷらす
Na (ハウル)

勝家の野望
勝家

上記のリンク追加。
文句があるならずばっと連絡を。


第四回、ROちぅContest開催決定。
告知済み。詳細はいつもの場所




海から帰ってきた。
最終日は朝から雨に降られて大変だった。
・・・が、雨なんて本当に些細なことだ。
それよりも大変だったのが、虫刺されである。

蚊取り線香や虫除けスプレーなど、気休めに過ぎない。
私は両足だけで、10カ所以上は刺された。

これだけ刺されると、痒くて夜は寝れたもんじゃない。
二日目の夜に私はテントの中で、痒さに耐えながらも何とか寝ようとして・・・
結局寝れなかった。

勘弁してください (--;)

もうクラゲなんかじゃなく、蚊との死闘である。
というかクラゲはさっぱり見かけなかった。問題なのは蚊だ。くそぅ。

もちろん、今でもその痒さは継続中。
・・・せめて仕事が始まる前に、治まっていてもらいたい・・・


RO

ギルド狩りの日だったが、予定を変更して隠れん坊をすることになった。
開催地は、フェイヨン↓の木々が生い茂るMAP。
参加者は全員で10人。
参加費10kを支払い、勝者にはそれが全額支給されるというシステムだ。

鬼は盟約ギルドのれおなんプリ。
他の9人は、制限時間である1時間を逃げまどうのだ。

ちなみに、鬼に見つけられた者は、鬼として行動することになる。
つまり鬼は増殖していくのだ。
最終的には、9人の鬼から1人が逃げるという図になる可能性もある。

なかなか怖い仕様だ。

他にも細かいルールはあるが、ここでは割愛。

私はMAPの左下辺りに最初隠れていたのだが、
どうにも見つけやすい場所のような気がして移動することにする。

木々に紛れながら、見つかりにくい場所を求めて進む私。

逃げる組は同じPTを組んでいるため、
逃走時の情報交換や誰が鬼になったかなどが分かるようになっている。

移動中に、いきなりぽち騎士がPTからいなくなる。

ということは、捕まってしまったのだ。
それは=ポチも鬼というコトになり、私たちにとっては敵になったことになる。

うわ・・・廃コンビが鬼に。
そう思いながらも移動している私だったが・・・

ふと、騎士が私の横を通り過ぎていった。

・・・・騎士?
え? こんなトコロに騎士?
ノービスとか一次職ならちょこちょこ見かけたけど・・・・え?

見たことがあるような無いような騎士だった。
私は恐る恐る(と言っても実際は早いが)
その騎士にカーソルを合わせて名前を確認する。

ポチだった。

彼は今、トレードマークであるゴブリン仮面を外し、
頭の天使HBを取り、ペコを降りて、違う装備に身を固めている。

正直、一瞬見ただけではポチだとは気付かない。これじゃあ。

「うっわやば!」と思ったが後の祭りである。
呆気なく補足され、捕縛される私。

その後、鬼として回収された私はMAPをウロウロして隠れている人を探すも、
誰一人として発見できなかった。

なんでもジクさんの目の前とか、ラフの目の前とかを通ったらしいのだが・・・
全然気付かなかった。私の索敵能力のレベルは低いらしい (--;)

しかし他の人の活躍により、最後まで隠れていたラフも見つかって、
鬼であるれおなんの勝利でこの隠れん坊は幕を閉じる。

二回目はルティエの街中で行ったが、この時はジクさんが鬼。
私はある木々の隙間に収まってずっと座っていたが、
最後の最後の方まで皆の目をやり過ごすことに成功していた。

けれど残り数分って時点で、ジクさんに発見される。

今まで何度か隠れん坊イベントをやってきたけど、全てに鬼が勝利している。
やはりバランスに問題があるのだろうか・・・

次の教訓である。

しかし、隠れん坊のあのはらはらドキドキ感は新鮮で面白かった。
全く関係のない人が通りかかるだけで、ビクッと反応してしまう。
この日は熱かった。
<><><>
12、13日 ざーん
管理人海へ行く。
クラゲとの死闘を繰り広げる予定である。
<><><>
11日 の匂い。細波の調べ


明日からちょいと海まで行ってくる。
というわけで、明日の日記更新は停止せざるを得ない。

楽しみにしてる人っているんだろうかって話だが、
とりあえずそういうことなんで、よろしくお願い致す。

というわけで海に行った会社の後輩の話。

土、日の二連休が明けた月曜日。
その会社の後輩は、会社を休んでいた。

聞くところによると、火傷をしたらしい。
火傷で医者に行ってくるということだったのだが、結局その日は休むことにしたようだ。

しかし、火傷・・・・
熱湯を浴びたんだろうか。だとしたら大変なことになってるな。

そしてその次の日。火曜日。
朝出勤すると、何やら見たことがない人が居た。
・・・・・・って、あれ後輩じゃんかっ!

遠くから見ると、まるで風邪をひいているかのように顔が真っ赤である。
ど、どうしたんだ・・・・・・と思っていると、顔が異様にむくれていることに気付いた。

火傷・・・そうか、あれが火傷かっ。
顔の皮膚はむけているようで、バサバサになっていた。
本人はそれが滅茶苦茶気になるようで、手でいじりまくっていた。

さて。
どうしてそんなことになったのかと言うと、彼は海へ行ったのだ。
だが海に行っただけでこんな状態になるはずがない。
もし海に行ってあんなことになるのなら、誰も海になんて行かなくなるだろう。

では何故か。

彼は、真夏の太陽の日差しの下、寝ていたそうなのだ。
しかも、パラソルも何も無しで。

本人曰く、寝てるときはそれ程熱いとも思わなかったし、
家に帰るまでもまったく問題なかったらしい。

だが家に帰った次の日の朝。
・・・もう動くことができないほどの激痛が・・・っ!

しかし、海に行くのにパラソルを持って行かないとは、かなりの根性があると見た。
海に行く際、パラソルは命である。
無いと死ぬ思いをする。
あの炎天下で太陽の日差しは、反則技である。

海に入れば確かに暑さは凌げるが、それにだって限界があるだろう。

だからパラソルは生命線なのだ。必需品と言っても過言ではあるまい。
近くに太陽光を遮る場所があるならまた話は変わってくるが、
でも準備はしておくべきモノであろう。

浮き輪なんかよりもかなり大事である。


ESPGALUDA

あぁ・・・消えてく・・・・・・

後半になればなるほど、敵が出してくる弾の数が増えてくる。
これはどんなシューティングでもほぼ共通のコトだと思う。

でもこのESPGALUDAは覚聖発動中に敵を倒すと、
その敵が出していた弾を得点に変えることができるから、
それを上手く使って攻撃を無効化させるのだ。

画面一杯に広がった弾幕を、
一気に点数へと変えることができたときの爽快感は素晴らしい。

とりあえず。
スコア表に残っていた幸の名前を消滅させることに成功。ふはは。


RO

コパのアサシンが本日付けで発光した。
長い長い亀地上監禁生活も、これで終わりとなるわけだ。

アルベルタにて発光式。
枝を使ってあとちょっとのEXPを稼ぎ、そこで光り始めるワケだ。

枝を使ったら、最初ビタタという微妙すぎるmobが出たのだが、
次に出たのは深淵の騎士。

それを打ち倒した瞬間、コパアサの上には天使の姿が・・・・

輝き始めるコパアサ。
さりげに、モロク拠点メンバーからは初めてのオーラではなかろうか。

まぁ最近では、コパアサを見る機会は減ってしまっていたのだが・・・

兎にも角にも、おめでとうコパ。
これで後は、転生システムが実装されるのを待つのみですな。
そしてアサシンクロス。うあ、私もアサシンクロスはやってみたい。

でも99はな・・・・・・遠すぎるな・・・・・・・ (-.-;)y-゜゜
<><><>
10日 後アミさんのことは奥様と呼びます
小説

ちょっと聞いて欲しい。
書店で小説コーナーを眺めていたら、ROの文庫本が置いてあった。
絵をつけてるのは韓国の公式イラストレーター。可愛い系。
・・・まぁ絵はおいといてもらっていい。

副題、「旅立ちのアコライト」
なんかとてつもなく、やっちゃった感じのオーラが漂ってきたのだが・・・
文章書きとしてはROの公式(?)小説とは如何なものか読んでみたいと思い、
購入してみることにした。

主人公はアコライトになったばかりの少女。

その少女が一人前の冒険者になるために、
仲間たちから独り立ちをするところから物語は幕を開ける。

アコライトの少女は、憧れのナイトに相応しいプリーストになりたくて
辛いことや嫌なことがあっても、それを乗り越えようと一生懸命頑張る。

・・・大まかに説明するとこんなストーリー。

さて。である。
力のバランスが滅茶苦茶だ。

そういやROのアニメでも、金ゴキとかアッサリ殺されていたけど、
それに似たような感じを受けた。

もうね。
アルゴス一匹を相手にして、
傷だらけになって苦戦しながらも勝利する騎士ってドウヨ?
アルゴスなんて、剣士ですら普通に斬り殺せるんじゃなかろーか。

きっとRO自体をしたことがなくて、この小説だけを読んだ人ならば、
「あぁ、アルゴスってモンスターはかなり手強いんだな」って思うことだろう。

騙 さ れ る な 。

ちなみに、もしアクエンの群れなんかに出くわしたら
とりあえず死を覚悟した方がいいと思います私。

ポリンとかポポリンとかに比べて、「かなり手強い」のレベルじゃない。
象と幸ね・・・・蟻ぐらいの差がありそうである。

興味があるなら読んでみて。


RO

幸 : で、蒼。そろそろ出ようと思うんだ

蒼 : あぁ、そうだな
蒼 : さりげにアミさんがハットを被ってて、
蒼 : 似合わないとか思ってるけどそれはおいとこう

幸 : だな

アミさん : ひどいわっ

幸 : ドンがちょっといいかもとか思ってるかもしれないけど
幸 : それはおいといて

ドン : ?

蒼 : 今日のドンの鼻の角度がいつもと違うね

幸 : その角度だとマミーの攻撃避けきれないね

ドン : インゲンとベトに言われたくないな

幸(インゲン) : なんですとっ

蒼(ベト) : マミーの中身って実は空っぽなんだよ

幸 : 本体はこんちゃさんだしね

アミさん(こんちゃさん) : 言いたい放題ですねオマイラ
アミさん : デタラメいうでない

姫 : こんちゃさんの中の人など(ry

蒼 : ちなみにミミックはザラキ唱えてくるから気を付けましょう

姫 : ザラキなんて、最強魔法に比べたら

蒼 : ・・・バニシュデスとか言わないよね?

幸 : ゲームチガウヨッ!

姫 : バシル〜ラ

蒼 : ・・・・・しまった・・・最強だ・・・・

幸 : えっ・・・ニフラムじゃないのΣ

・・・・・・

幸 : で、どこ行くの

蒼 : 夢の島へ

姫 : ゴミ黙りか ←(溜まりの誤字)
姫 : 黙るのかっ

幸 : 自分でつっこんどるw

蒼 : 黙れゴミッ

アミさん : ・・・低次元な争いだ・・・

蒼 : 誰か姫の誤字集を作ってください

そんな会話を展開してたら、狩りに行く時間が無くなってしまった。

(ちなみにバシルーラで飛べるのはアミさんこと、奥様のサイトでございます)
<><><>
9日 ぬがよい。


ねむ・・・あつ。


ESPGALUDA

ノーコンテニュー、初期設定状態でプレイするとステージ4まで進めない。
なんでだって?
そりゃあもう、悲しいほど私の技術が足りないだけである (--;)

ただクリアすることだけを考えたらそれ以上行けるかも知れないが、
どうせやるなら完璧プレイを目指したい。
目指すだけなら無料。ふ。

それでも、最初にやったときはステージ1すらまともにクリアできなかったのだから、
進歩したと思いたい。
思わせてくださいお願いします。

で。
アゲハとタテハという二人のキャラクターから自機を選択するのだが。

アゲハは移動速度が早く、レイピアショットの威力が高い。

タテハはノーマルショットの攻撃範囲が広く、
レイピアショットもさりげに貫通力を持ってたりする。

というわけで、個人的に使い勝手がよろしいタテハをメインに使っている。

ところでこのゲーム、シューティングとしては大変ツボで面白いのだが、
ストーリーとかキャラクターの説明が適当すぎる気がする。

あくまでシューティングゲームなのだから、
それにヘタなストーリー性を求めるのもどうかと思われるかもしれないが・・・

覚聖すると、性別まで変わるのね君ら・・・・・どういう原理よ (-.-;)y-゜゜


RO

伊豆!

BSを使って伊豆に行ったわけだが、どうしようもないぐらいにヌルかった。

まぁ・・・私BSを始めとして、
キニプリ、グラウクルセ、みどりんアコ、なっちWIZという華麗なる面々がいるのだ。

なんか、死ねないというか。死なないというか。

その後になっちWIZが抜けて、他の4人でアマツD最下層に行ったのだが、
これまた、死ぬ気がしないというか。この程度では死ねないのかというか。

アマツDって・・・思いの外、難易度低いのね ( ´−`)
<><><>
8日 聖死界、発動!


クレーンゲームほんとに楽しい。
ダメだ、このままだとお金を使い込みそう・・・
え? 手遅れですか幸さん?


ESPGALUDA(エスプガルーダ)

「貴様らの存在を消してやる!」
で有名なシューティングゲーム。
・・・有名なの?

いわゆる弾幕ゲームの一つなのだが、
幸と行ったゲームセンターでプレイしたのをきっかけにハマる。

バリアとか、覚聖(誤字に非ず)とか、光の翼とか!
あの弾の嵐を避けきったときの快感!
そして、覚聖発動中に敵を倒し、弾を点数に変えたときのあの爽快感!

極めつけは、ステージ1のBOSS!
ストーリーもキャラも何も知らないままでプレイすると、
「アンタ誰!? 何コイツ?!」状態です!
お父様って誰やねん!


RO

まともにやってませんごめんなさいっ!

そういや土曜日の話なのだが、
朝に私のWIZとなっちのプリで、ピラ地下を走り回ってるとき。

モノスゴイ牛の大群が見えた。
その牛の大群は、あるプリさんに襲いかかっていた。
プリさんの近くには、倒れているBSさんの姿が・・・どうやら殺られてしまったらしい。

牛と一定の距離を保ちながら、ぐるぐると付近を走るプリさん。
とりあえずQMを使って牛のスピードを遅らせて・・・
助けようと攻撃して「横殴り」とか言われるのも嫌なんで、
「だいじょうぶですか?」と聞いてみる。

倒れているBSさんでもプリさんでもどちらからでもいいから、
とにかく援護の要請があれば攻撃なり支援なりできるだろうと思ったからだ。

しかし返ってきた言葉は、「邪魔」の一言。
それを聞いた瞬間になんだかどうでもよくなって、
「邪魔だってさ」となっちプリに言って、その場から立ち去ることにした。
邪魔だと言われた以上、何かをする気にもならないし、する必要もないだろう。

そういえば前に、
「全滅の危機に瀕してるようなPTに出くわした時どうするか」
という話の中で、こんなコメントがあった。

「私の場合はその場から離れますね。
 近くに人がいると、ハエ逃げとかテレポとかできなくなりますから。
 支援とかをやっても逆に迷惑なこともありますし」

これを見たとき、納得する自分と反発する自分がいた。

その行動は確かに正しいコトのように思える。
ハエで逃げたい場合とかは、近くに人がいるとそれができなくなることもあるから、
助けようと思っていてもそれが逆に邪魔になってしまうこともあるかもしれない。

でも。
それってどこか寂しい。

効率的な行動なのは分かる。
相手もそれで満足してくれるかもしれない。

それでも、である。
助けようとするのはいけないコトなのだろうか。
おこがましいコトなのだろうか。
うざくて、迷惑なコトなのだろうか・・・・・

・・・まぁ、迷惑だって思う人がいてもいいんだ。それが人ってものだから。
どっちが正しいとか、そういうことを言いたいんじゃない。
ただ、その人と私はきっと友達にはなれないだろうなってだけで。
<><><>
7日 きずな」は「愛」と書く・・・わけないよ


幸さんとビリヤードに行ってきた。
かなり久々だったのだが、なんとか真っ直ぐ打つことだけはできていた。

私と幸の実力はだいたい同じぐらいで、
勝つも負けるも時の運のよーな感じの中、熾烈な戦いを繰り広げる。

やはり同じぐらいの力量の相手とやるのが面白い。

そして、ビリヤードが一段落ついた後。
隣の部屋にあった卓球台を使って、卓球をすることになった。

実はビリヤードではなく、これが本番である。

卓球は、ビリヤードなんかよりも遙かに久々にやるコトだ。
前にやったのは・・・・・確か自動車免許の教習所で。
次の教習時間までのかなりの間があったから、教習員の人が用意してくれたのだ。

それから2年以上は経つだろうか。

久々に卓球台を前にして、私と幸は戦いを始めた。

最初は、まるで初心者のように(と言っても初心者に果てしなく近い)
ポンポンとラリーを続け・・・・・・ることすらできないでいた私たちだったが、
回数を重ねるうちにだんだんと体が慣れてきた。

最初からは考えられない程のスピードで、私らはラリーを続ける。

こっちもビリヤードと同じく勝ったり負けたりの繰り返しだったのだが、
久々に熱くなった戦いであった。


RO

朝。
軽いだろうと思って牛にちょっかいを出していたのだが、そこになっちプリが現れる。

いやはや、プリーストがいると狩りの難易度が劇的に下がる。
かなり余裕を持ちつつ、牛を感電させていた。

・・・ところでこの日、私のWIZは初めて20k↑ダメを叩き出しやがりました。
FDで凍った牛にタイミング良くLAを合わせて、そこにJTを打ち込むのだ。

最高。
<><><>
6日 グラシは好き


私の会社、予定では今月11日からお盆休み予定だったのだが・・・

なんでも、どうしても出荷しなければいけない品が入ってくるそうで、
11、12日と出勤になった。

まぁ12日の出勤は断ったけどねー。HAHAHAHAHA!!

やってらんないです。ええ。


前日、前々日の日記に曲の歌詞を載せたけれど、
これって著作権とかで問題があるみたい。

とある怖い団体から警告とか来る前に、削除である。


RO

キニバードと勝さんプリ、アミさんローグと一緒に、プロ北Dに行ってきた。
(勝さん転職おめでとうさま)

ちなみに私はWIZではなくBSである。
MHを発見したら、HFとCRで頑張ります!

プロ北最下層に突撃する前に、私は宣言する。

蒼 : 例えどんなMHに出くわしても、
  絶対に引き返さないからそのつもりで!

そもそもPT名が、『みんなでしのう』である。
死ぬことなんて怖くない!
寧ろ、ヘタに引き返そうとしてグダグダになるのが怖い!

ならば道は一つのみ。
ただ前のmobたちに向けて突撃するだけなのである。

さて。
私は曲がりなりにも前衛職だから、皆の先陣を切って突撃していく。
AR、OT、WP、RV、覚醒P、そして勝さんの支援。
画面にずらりと並ぶスキル効果。なんか心強い。

昆虫盾なんて持ってないけど、シャアの攻撃なんて痛くない!
痛くないと思えば痛くなくなるんだあああ!!

MAP移動した瞬間に、複数のmobが襲いかかってくる。
私はそのタゲを集めて、CR。場合によってはHF。
正直イッパイイッパイなのだが、それがまた面白かったりする。

マスターリング、さすらい狼を撃破。
この小BOSSたち、実はバフォJrより弱かないですか (--;)

そして今回見直したのが、紅POTである。
MHに突撃したとき、勝さんとキニが死んでしまうというハプニングが発生した。
勝さんが死んでしまったとゆーことは、ヒールを受けれない。
ヒールを受けれないってことは、放っておけばHPは減り放題だ。

ものスゴイ勢いで表示される真っ赤な被ダメ表示。
突っ立ってれば数秒で死ねそうである。

しかし私には紅POTがある。
・・・って言っても、紅なんかじゃ回復おっつかないんじゃないだろうか・・・

とにかく連打だ。
紅連打しつつ、CR。HF。
・・・・・そしてSPが切れる。
殲滅はアミさん任せた!! (--;)

・・・そして死にそうになりながらも、なんとか生き残る。
すごい、紅POTすごいよ! ( ´−`)

最後に突撃したMH。
ゴスリンとボーカル、その他多数のmobたちがひしめき合っていた。

キター!! と思いながらCRをするが、
あっという間に(自分でも気付かないまま)死んでしまう私。

・・・あれ?

スゴイ数のバフォJrでした。ご馳走様です ( ´−`)
ゴスリンはテレポしていったけど、ボーカルは撃破。

やっぱりプロ北は面白いのである。まる。
<><><>
5日 ンカンッ!


<ここの文章は削除されました>

私が何かと問題にぶち当たったときに、この曲を聴いて気合いを入れる。
応援歌である。

皆にも何か一つぐらい、「この曲に励まされた」とかあるんじゃないだろうか。


RO

私は、この日初めて、自分のために防具の過剰精錬というモノに挑戦した。

今持っている防具類は全て、安全圏精錬(+4)止まりで、
過剰精錬された防具が何一つ存在しないという状況だった。

・・・まぁ、WIZのガードは別。あれは精錬する気にもならない (-.-;)y-゜゜

というわけで、私はレイドリックCを仕入れてきた。
無属性攻撃の被ダメを20lも軽減してくれる、人気が高いカードだ。

これならWIZでも使えるし、BSでも使えると思って買うことにした。

で、このレイドCは「かけるもの」に挿すCである。
かけるもの、てことは、Sフード、Sマフラー、Sマント等々・・・

Sフードは安く仕入れることもできるが、レイドcをフードに挿そうとは思えない。
Sマントはそれ自体が高すぎて、今の私の経済状況じゃ無理がある。
それにマントだとWIZ装備できないしね ( ´−`)

てなわけで、Sマフラーも一緒に仕入れる。

・・・ここでふと考えた。
どうせレイドC挿すんなら、過剰精錬されたマフラーに挿したいなぁ・・と。

これは悪魔の囁きに似たものだったと思われる。
「やりたいなぁ・・・」が「よし、やろう」に変わるまで、それほど時間はかからなかった。

過剰精錬なら+7を目指したい。
けど、そう簡単に+7にできるとは思っちゃいないし、
それに折角レイドCを買ったのに精錬失敗して挿すマフラーが無くなるってのは嫌だ。

思いを巡らせた私は、もう一つSマフラーを買うことを決意。
Sマフラーもそんなに安いモノじゃない(この時点のIRIS鯖相場は1,2Mぐらい)が、
倉庫やBSのカートに無駄に溜まってるやつを売ればどうにかなる額である。

そしてお金を工面して、二つ目のSマフラーをGETした。

そして・・・いざ、出陣である。
場所はモロクの精錬所・・・私にとっては一番馴染みのある場所だ。

・・・そういや、前ここでれおなんからSマフラーの過剰精錬を頼まれたことあったっけ。

回想始まり>>>

蒼 : ・・・(Sマフラーが)+7なりました・・・

れおなん : うむ

蒼 : ・・・・え? 次やるんですか (-.-;)y-゜゜

れおなん : おう。+7ならもう持ってるしな

>>>回想終わり

結果はお察しくださいである。
が、+7までの成功例はあるのだ。信じてればきっとうまくいくかもしれない!

エルニウムも、精錬費用もちゃんと持って、精錬を開始した。
+4までは何の問題もなく成功。というか問題が起こったら困りますっ!

そして次からが・・・・過剰精錬ロードだ。

ちょっと緊張してきた。

ええいっ、一回一回止めてたら緊張するばっかりだ!
ここは一気に・・・!!

カンカンッ!
パンパーン!

カンカンッ!
パンパーン!

・・・って待ったあああああ!!
た・・・・たすろく・・・・だな・・・・

・・・・・
よし、これキープしとこう ( ´−`) ←チキン

もう一つあるから、こっちは+7になるまでノンストップだぁっ!!
+4までの流しが終わり、ここからが本番!

カンカンッ!
パンパーン!

カンカンッ!
バキィッ!

・・・・・・

ふ・・・まぁこんなもんさ・・・・・・・・ (__;)

そんな具合で、素敵なほどに財布の中身が空っぽな私だったが、
+6イミューンマフラーGETである。

+7には届かなかったけど、まぁ最初だし・・・
+4でも妥協しようと思ってたんだから、充分成功だろう。

・・・・・そして次はいよいよSガードだな・・・
お金貯めないと (--;)
<><><>
4日 配ない問題ない


<ここの文章は削除されました>


RO

久々に、BSを出してみた。
いや、PT狩りの精算の時なんかにOC目当てで引っ張り出されることはあったのだが、
PT狩りのメンバーとして起動させたのは本当に久しぶりである。

このBS・・・あまりソロ向きじゃないのに、PT狩りをする機会に恵まれない。
前に、グラウのアルケミストやみどりんの殴りプリと一緒に狩った記憶があるのだが、
それだけである。

・・・あれー・・・なんかないっけかなぁ・・・ (-.-;)y-゜゜

まぁそれはおいておこう。

狩りメンバーは、私BSにキニプリにうるるWIZ。
って、うるる転職おめでとう!
これからが楽しい時期になると思う(経験上)から、頑張ってマッタリしてくれ ( ´−`)

さて。

この三人でドコに行ったのかというと、例のあそこである。
MHで有名なあそこあそこ。
小BOSSとの遭遇率が高く、運が良いとバフォとかいう悪魔に出会えるあの場所だ。

要するにプロ北である。

私のBSはまがりなりにもVIT型。耐えなければならない。
そしてキニプリが援護し、うるるWIZが殲滅係である。

果たして、私の攻撃はまともにシャアに当たってくれるのだろうか・・・・

狩り始めてみるとそれがなかなか当たるモンで、
ブレスをもらえたらシャアにほぼ必中ぐらいだった。

まぁ、当たればいいのだ。
あとはうるるに任せてればいい。

うるるはまだまだ育ち盛りだから、次から次へとジョブが上がっていく。
最初はSGが無かったから、HD主流でやっていたのだが・・・

SGを覚えてから、一気に戦い方が変化した。

ヘタに氷を割るとタゲがうるるに向かってしまうことがあるから、私はHF主流。
うるるのSG詠唱中に氷が割れてしまった時に、ピヨピヨスタン攻撃だ。

最近は自分がWIZだったのに、今はこうやって前衛として動いている。
・・・とてつもなくヘンな感じだった。でもそれがまた新鮮でいい。

てかHF楽しいですねちょっとっ。
スタン攻撃なんてアサシンの敵なのにっ。くぅっ。なんていうかくそぅっ。

久々のBS、堪能させて頂きました。まる。

ところで、うるるが間違えてハエしてしまったときに突っ込んだMH。
私とキニプリだけで戦ったのだが、アレは燃えた。
結局死んだけど、でもああいうの大好きだ。ちくしょう。
<><><>
3日 れでも風呂は熱いのが好き


暑いね。
でも暑いっていうと減点らしいよ。
だから暑いって言っちゃいけないのですよ。


RO

夜の11時を過ぎたあたりのピラ地下2は、WIZにとっても優しくない。

そんなわけなのだ。
寝る前に一稼ぎだー、って思ってピラ地下に行ったのだが、
止まる、瞬間移動、引っ張られる、属性攻撃 → 死

なんてひ弱なんだ私はっ!

でもでも、WIZにタフさを求めちゃいけませんよね?
よね???

未だにただのガードを装備してます・・・
精錬すらしてません・・・ごめんなさい・・・ (-.-;)y-゜゜

前にラフからWIZ装備を借りていた時があったのだが、あれは夢だったな・・・
私のWIZがあそこまで耐えれるようになるとわわわ。

レイドマフラーを先にするか特化ガードを先にするか迷ってたりする。
まぁ、BSで露店しないと手持ちもないんだけどねぇ。

そういや、レイドマフラーならBSでも使えるな。
さりげに VIT > STR > DEX な私のBS。
まだレベルが低いため、全然耐えないVIT型なワケだが・・・

避け重視のアサシンとは正反対のBS。
たまにやるとこれがね。面白いのだ。
カートレボリューションっていう範囲攻撃あるし、メマーって最終奥義が・・・・
・・・・財布にも響く最終奥義が・・・・・

BSやるにしても、まだ装備が足りなすぎる。
というか、過剰精錬防具がただの一つもないというのはどうなんだろう私。
<><><>
2日 ー・・・がくっ


眠い。
なんでこんなにまで眠い。

最近は寝る時間も早く・・・・・・あれでも早くしてるつもりなんだけどなぁ。
別に夜寝苦しくて寝れないってことはないし・・・寧ろ爆睡してますが。

でも眠いんだよなぁ・・・・・・・何故なんだサンタマリア。


RO

GH地下監獄。
恐ろしいのは、リビオのSB。

ここは以前に幸ハンターと二人で行ってボコボコにされた場所であるが、
今日は幸に加えて、グラウクルセとうるるマジ、そして勝さんアコも一緒である。

レベルの関係上PTは二つに分け、それぞれで公平して狩ることになった。
私のWIZは幸ハンターと公平である。

今回は勝さんアコがいるものの、プリーストがいないったらいない。
まぁプリが居ないのはいつものコトではあるが・・・・大丈夫なのだろうか (--;)

このPTで唯一の前衛職であるグラウクルセ。
まだ監獄で狩るにはレベルが足りない・・・と思っていたのだが、
ぶっちゃけそんなこたー無かった。

耐える、耐える、そしてGX。である。
しっかり前衛として立ち回ってくれるから、後衛職の私としてはやりやすい。
後方から私とうるるが魔法攻撃、幸が弓、勝さんが支援。

なかなか理想的なPTではないだろうか。

mobの数が多くなってきたら、SGで動きを封じる。
・・・たまに不発するのはご愛敬である。てか重いんだってっ。

良い調子で狩れていたのだが・・・
いや、良い調子だからこそ、私は強烈な眠気に襲われまくった。

最近眠くなるのが早い・・・やはり疲れが取れきってないのだろうか・・・ (-.-;)y-゜゜

このままじゃいかんってことで、監獄2へ行ってみることに。
こりゃ死ぬかなーとか思っていたが、
ぶっちゃけそれほどでも無かった ( ´−`)
<><><>
1日 んて言うか、『取る行為』が面白い


ゲームセンター。
クレーンゲーム荒らしてきた。

最近は1Play200円とゆー信じられない物体が多くなって、
私はちょっと悲しいのである。

200円ッスよ。200円。
やる気なんてぶっ飛びますよちょっとコラ。

よほど欲しい景品でもない限り、やることはないのだろう・・・・ああいうの。

そして私が好きなのは、コンビニキャッチャーなるものである。
知ってるだろうか?
アームを動かして、欲しい景品の前で止めて、
アームが奥へ伸びていって、ガシッと掴んで、引っ張って、取るのである。

これは結構取りやすいモノで、
見かけるととりあえずやってみる感じのゲームである。

それで、小さなぬいぐるみが景品として飾られていた。
「うしゃぎ」・・・・うさぎ・・・・?
なかなかめんこい物体だ。

しかし、コンビニキャッチャーでぬいぐるみを取るのは難しい、と私は思っていた。
簡単なのは、厚紙がついてあるヤツ。それだとその厚紙を掴めるので、楽に取れるのだ。

だがぬいぐるみは柔らかい。掴めない。掴んだとしてもすぐ取れる。固定されない。
うん、無理だな。
私はそう思ったが、不意にプロ(姐さん)が100円を投入。

そしてアームを操作・・・あれ? ちょっと高すぎませんか・・・・って。
奥へ伸びていくアームは、ぬいぐるみ本体ではなく、チェーンを狙っていたのだ。

そっ、そんな手段が・・・・!?
あっけにとられる私。
姐さんはあっという間にぬいぐるみを一個GET。

私も同じようにやってみたら、200円で三個GETした。
・・・そう。一回で二個同時に取れた。
なんかヘンナトコロで、一つ賢くなってしまった蒼だった。


ちなみに、姐さんであるが・・・
私が戯れにやっていたクレーンゲームの景品
『ガン○ムヘッドスピーカー』(箱に入ってた)を普通に取ってしまった。

箱に入ってるやつ初めて取ったーっと本人嬉しそうだったが、
もう私アナタに勝てる気しませんよ ( ´−`)


RO

というか、である。
とある某巨大サイトのBBSに、「貴方の理想のPTメンバーは?」って記事があった。
その話が途中から脱線しまくって、辻支援の話になっていたのだが・・・。

プリーストって言うのは、どんな場合であっても支援をしなければならないのだろうか。
これである。

「PTを組んでいる連中は、
 狩り場に着くと他の人が死ぬまで横目でず〜っと眺めている屑ばっか。
 特に支援系」

↑の記事を見て、「え?」と思ったのである。

困っている人がいたら助ける。
この場合で言うなら、全滅しそうなPTがいたら辻ヒールとかやって助けてやる。
それをやらないで眺めているヤツらは屑だ。そう言ってるのである。

だが、それはおかしい。

プリーストってのは、他のPTにも必ず支援をしなければならないのだろうか?
支援をしないと屑だと言われてもしょうがないのだろうか?

否である。

支援プリーストが自分のPTメンバーを支援する。これは当たり前だ。
だが、他のPTを支援するのはあくまで善意であり「当たり前」の行為ではないのだ。

その善意の行動を「当たり前にやるべきこと」と認識し、
やらないからあのプリーストは屑だと言うのはあまりに自分勝手ではなかろうか。

もしかすると、そのプリーストたちはおこぼれを狙っているのかも知れない。
自分たちが全滅したあと、狩り場所を占拠したいがために見ているのかも知れない。

だが。
考えを変えてみるのだ。

全滅しなきゃいいのである。
たまに、どうしようも無いときもある。その時は諦めて全滅するのである。

あのプリーストが私たちに辻支援をしてくれてたら・・・そんなことを考えるのは、
自分たちが全滅したことを、他人の所為にするのと同じコトではないか。

・・・と。

そんでもって、途中からまた話がちょっと逸れて。
今度は辻支援を受けた場合の話だ。

みんな、辻ヒールって嬉しくないの? (-.-;)y-゜゜

私は牛でソロしてるときなんかに、
通りがかったプリさんに辻ヒールとかブレスとかもらうと素直に嬉しいのだが、
世の中にはそうじゃない人もいるようで。

でも辻支援もらって「うざい」ってなんだろう。

辻支援なんて恩着せがましいとか?
支援なんてもらわなくても私は充分強いって?
支援受けたら弱く見られる?

でも折角オンラインでやってるのに、なんで他人との接触を拒むのだろうか。


・・・で、ここで問題発生である。

辻支援をしないと、「何だあのプリーストは、全滅待ちかよ。屑め」って言われる。
だが辻支援すると、「うざい」「迷惑だ」と言われる。

どうしろっつーんだ。これは (--;)

まぁ、あくまで、こういうコトもある、ってことなのだが・・・
全国のプリーストさんお疲れ様です。こういうのって疲れそうだ。


そして雲母さん。
+8って何だああああぁぁぁぁぁぁ!!!



戻る