†DIARY†


戻る


3月
31日 直前の夜
ジク : @20分だな

ラフ : 何がだね? チケット?

蒼 : 黒い人の命

クロ : 青い人の(ry

幸 : アオ爆発までの時間か

ジク : @20分だなと聞いてピンとこないおまいらは、まだネタ師にはなれんなぁ

ラフ : 1、チケット切れ 2、あれ 3、その他

ウオ : 4、中の人などいない

幸 : 2が気になります!

・・・あぁそっか。

蒼 : さぁみんな嘘つこうか
蒼 : 強烈なの頼むぞ

ジク : アオキター

現在時刻、3月31日 PM.11:40
もうすぐ、4月1日・・・つまり、エイプリルフールだ。


ジク : アオそういやさっき言ってたことスラフに言っていいの?

蒼 : あぁ構わんよ

スラフ : ドウゾー

ジク : 実は

スラフ : あい

ジク : アオってリア♀だったのよね

スラフ : ・・・・・・・・・・・・・・

クロ : わお

スラフ : うgggggggggggggggggg

ジク : 俺もさっき聞いてびっくりした

蒼 : 別に関係ないしょ〜

ジク : 写真見たらかなり可愛かったぞ

スラフ : 結構ショックだ・・・な

ジク : まぁ男でも女でもベトだけどな

ウオ : しょせんベトだし、な

蒼 : ベトいうなーっ

スラフ : これによって今後の対応は相当変わってしまうだろう

幸 : まぁ、うちの彼女だったりするがね

蒼 : そこまで言うのかΣ

スラフ : 衝撃の事実

幸 : うあ・・・しまった

ジク : まぁあれだ。スラフ君

スラフ : は・・はいナンデショウ

ジク : 今日の日付を見てみるんだ

スラフ : ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スラフ : 図ったンンンんんんんんんんああああああ

ジク : スラフは簡単すぎてツマンネー

スラフ : ユルセンゆるせんぞおおおおおおおおお
スラフ : 結構おこりますよ!!
スラフ : ちくしょおおおおおおおおおおお!!

ラフ : というか、この話言い始めたとき4月1日じゃなかったぞ

蒼 : フライングフライングっ

クロ : ソウデスネー

スラフ : 一号め・・・騙しやがったな!
スラフ : オボエテロ

いやいや、騙したのはジクさんですよ二号君♪


そんなこんなをギルチャで展開している中、
ジクさんはオールチャットでも奮闘していた。

ジク : そういや今ROって、海外から繋げられたっけ

れおな : 基本的に出来ないんじゃない?

こんちゃ : 海外のIPアドレスはじいてたのは昔の話ですか?

ジク : できないのかなぁ
ジク : いや、今日久々に会社行ったら
ジク : 知らないうちに俺様に辞令がおりおった

こんちゃ : ぉ

ジク : アメリカーに転勤ぽ

こんちゃ : ・・・栄転?

れおな : どのへん?

ジク : ニューヨーク
ジク : 詳しい場所はまだ聞いてない

れおな : 遠いな

こんちゃ : 遠いね

幸 : 遠い

れおな : ニューヨークなんて行ったことないなー

ジク : 今週中に行かないといけないっぽいのよね
ジク : やっぱりムリかな
ジク : 引退キター?

れおな : まぁ、実は今、月から無線でROしてるんだけどな

<>
In ギルチャ

幸 : がうああああああああああああああああ
幸 : もうれおなん理解してるっ

ウオ : 寧ろ振ってきてる!

クロ : さすが

<>

蒼 : 月から無線で・・・Σ
蒼 : れおなん何者だ

れおな : 月からFTTHですよ

こんちゃ : 無線とか言いながらFTTHですかいっ

れおな : 来週は火星から繋ぐ予定だ

ジク : まぁあれだ。日付変わったぞおまいら

幸 : れおなんが標的だったんだがね

ジク : れおなん気付いてたのか

れおな : 気付かんはずがなかろう

蒼 : 流石すぎる・・・

れおな : ニューヨークあたりで気付いた

幸 : やっぱれおなんじゃ無理か

ジク : スラフは見事にはまったんだがな

蒼 : 見事だったなぁw

ジク : アオがリア♀説を思いっきり信じた

れおな : ギルチャか

幸 : うむ

ウオ : アオは女でも通りそうだもん

蒼 : 通りそうなのか

ウオ : 色気あるもん、なんか

蒼 : 色気・・・!?Σ
蒼 : ナンカヤダソレ・・・・・

こんちゃ : ←馬鹿?
こんちゃ : ←ダマサレタ?

幸 : ケラケラ

こんちゃ : 純情な乙女を騙すなんてっ

ジク : 結論は
ジク : アミ(こんちゃ)はスラフ並ということで

蒼 : 結論出た

幸 : おめ〜

れおな : おめー

こんちゃ : だって私ピュアだもんっ

れおな : それが嘘だ


ということで皆さん。
明日が本番なワケだけど、冗談で通じる程度の嘘をつきましょーね。
<><><>
30日 漁人
半漁人が半端じゃないほど痛い。

初めてBSで伊豆B4ソロしてみたんだが、
半漁が痛すぎる。

普通に殴ってたんじゃ赤ポがもうやばい勢いで減るから、
見つけた瞬間メマーメマーメマーメマー!!

・・・・・痛い・・・これはこれで痛い・・・(ぉ)

ついでにマリンスフィアー。
時々、殲滅が間に合わずに自爆される。

周りに人がいると、なんか恥ずかしいと思うのは私だけ? (--;)


しかし・・・
伊豆4層からの雰囲気は落ち着くね。

実際は、ノンアクティブのフェン争奪戦が繰り広げられてるアツイ場所なんだけど。

BOT?
気にするだけ損。
<><><>
29日 ・・・そういやLoVってなんで風属性?
本日、私がROをしていて初めて、製造というものを依頼した。

依頼した相手は姫BS、どこでもドア。
依頼した武装はウインドツーハンドアックス。

BS使って、伊豆で暴れようかと思ったわけであります。はい。

姫 : で、そこのボンクラ。材料あるのか

蒼 : 一応アルゾ

どこでもドア : ヨコセ

そうして、姫の手に渡される材料多数。
鋼鉄10にオリ結晶8にアメジストにラフウインド。

どこでもドア : 売り払うから

待てい。

どこでもドア : オリ売りますよ〜。8個までですよ〜

蒼 : 売らんでおくれやすっ!

どこでもドア : なぜに京都w

蒼 : さりげに、初めて製造依頼するぞ私

どこでもドア : うし、みんな〜。心を合わせて祈れ

どこでもドア : オレロ

グラウ : オレロー

みどりん : おれろー

スラフ : はーずーせ

ジク : オ・レ・ロ!!

蒼 : ・・・・・皆ヒドイです・・・

どこでもドア : いくぞ〜。適当に祈ってれ

・・・・・

カンカンカンッ!

パンパーン。

・・・・・・・・・・

みどりん : オレタネ

えっ!? 今の折れたの!?

思いっきり成功したように見えたんですケド (--;)


というわけで、成功しました。
初めて依頼した製造は見事成功ということで・・・
姫と、支援入れてくれたジクさん。ありがとう!

ついでに周りではずせコールしまくってた方々。
ありがとう!
なんて言うわけないだろうがああああーっ!!

その後。
風2HA持って、グラウアルケミと一緒に伊豆B4へと出かける。
ソードフィッシュに600↑のダメージをたたき出す。

ステキだ・・・・。
でも伊豆、被ダメも痛い・・・・・・・ (-.-;)y-゜゜

ちなみに、グラウアルケミが半漁人他と格闘中に、
マリンスフィアーの自爆に巻き込まれて死亡。

そのグラウにイグ葉使おうとしたら、沸いたマルクに攻撃されて止められる。

南無。なんていうか南無。
<><><>
28日 気力
日曜日。
でも、出勤してきた蒼ですコラ。

RO
いや、本日はちょっと電波飛ばしただけで何もしてなかったり。

何をやる気力も生まれず、とりあえず本を読んでたら眠くなって寝た日だった。

ナンダカナァ・・・
<><><>
27日 たちの大暴走
最終兵器ねこねこ、ギルド狩りの日であります。
とゆーわけで、今回は前回のギルド狩りでの経験を生かして、
皆が眠くならないようなアツイ狩り場を選定だ。

グラウ : さぁ、今週のスラフたんは〜?

蒼 : 一人でプロ北DのMHを潰してくるそうです!

グラウ : さすがスラフたん。カコイイ

クロ : ステキ

スラフ : ・・・・ムリ・・

というわけで、狩り場は火山D2に決定(どういうワケなんだか)

参加者は、モチロンのこと私(アサシン)に、
スラフ(クルセイダー)、グラウ(ハンター)、クロ(騎士)、ラフ(WIZ)
みどりん(プリースト)、キニクス(プリースト)、雲母(アサシン)
以上の8人。

火山ポタなんてあるはずもなく、アルデバランから歩いてノーグロードに到着。
B1を駆け抜け、B2へ。

雲母 : 赤いマップだー ←火山初体験

キニ : これだけ人数いると、ノンビリデキテイイネ

蒼 : さぼってると即死ダゼ?

キニ : 大丈夫、いざとなったら強制終了さ

いや、それはどうよ (-.-;)y-゜゜

次から次へと沸いて出る敵たち。
どっかのプリさんがテレポ多用して作ってるモノスゴイMH
これは・・・・

スラフ : ぬるすぎ

これをヌルイと言っちゃうのか!

まあ、ヌルイと言っておきながら、最後は皆で仲良く倒れ伏す私たち。
凄い馬とかその他多数に、文字通り轢き殺された。

いやはや・・・
温くない。寧ろ死ねる!!

本日の成果。
ギルド経験値1,000,000弱、獲得。
レア等の入手、無し。

やっぱり生きるか死ぬかの狩り場がいいねぇ。刺激があって ( ´−`)
<><><>
26日 気との戦いでもある
予想通りに、私は≪ねこねこ vs 流浪≫のPvPに遅刻した。
いや、これでも急いだんですよ。そりゃあかなり頑張ったんですヨ。

それでも、ログインしたのは集合時間の1時間後・・・11時だった。

蒼 : で、何がどうなってるんですか大佐(にゃぎ)

にゃぎ : えっと、ごめんなさい

ゴメンナサイ???

クロ : 人数からして・・・ケッ

あぁそうか。ねこねこ負けたのか (-.-)y-゜゜

誰が参加したのかすら把握してない私。
とりあえず二号(スラフ)とクロとディアとラフと・・・雲母も?

クロ : 結果うんぬんよりテロがねぇ・・・

何を言うクロ君。Pvでテロなんて日常茶飯事じゃありませんカ。
数人で固まって座ってると、ど真ん中にストームガスト打ち込まれますぜ。

とりあえず第二戦目ってことで、ギルド関係なしごちゃ混ぜでPTを組むことに。
リーダーはジクさんとクロにやってもらい、順番に人を選んで拉致する。

ジクさんチーム
ジクさん(騎士)、にゃぎ(アサ)、コパ(アサ)
二号(クルセ)、ドン(騎士)、ラフ(ダンサー)

クロチーム
クロ(騎士)、蒼(BS)、ゾロさん(騎士)
勝さん(WIZ)、雲母(アサ)、ディア(ハンター)

あぁ、見事にプリーストがいない。

そんなわけで、やってきたヨヨモロク。
雲母が間違えてプロンテラに吹っ飛んでしまうというオマヌケを発揮するが、
安心しろ、私なんて前に3回ぐらい連続でプロンテラ飛んだことある。
↑連打しすぎ

全員揃って、活動開始。

索敵しつつ、周囲を団体で移動する。
傍目から見るとテロ集団に見えるかもなー (--;)

そしてふと、画面端にラフダンサーの姿を確認。
始まる戦闘。

私はとりあえず、スクリーム封じの為にラフダンサーを狙う。
ふははは、このBSにはスタン攻撃など効かんわっ!!
・・・アサで言ってみたい・・・・・

HFはラフをピヨピヨにスタンさせ、数人一斉攻撃でこれを沈める。

さて次は・・・
少し離れたところで乱戦が起きていた。そこに突っ込んでいく。
HFをぶちかましてみるが、にゃぎアサと二号クルセにはさっぱり効かない。
だからと言って、素でメマーなんてしても避けられるだけだし・・・

打つ手がない! と思ってたら、いつの間にかHPが減ってて死亡。

気がつくと、もう大半の人間が地面に倒れている。
生きているのは、ディアハンターににゃぎアサに二号クルセのみだ。

ははは!
ディア、勝ってくれ!

あっさりと勝負つくかも・・・と思ったが、私が間違ってた。
設置されるアンクル。アンクル。アンクル。
ブラストマインを起き、自分で射て相手にぶつけるという技も披露。

終わらない。このままでは終わらない・・・!

しかし。

バシッ!!

ディア : ぐぇ

ばたん、と倒れるディアハンター。

ジク : オワッタ
ジク : ガンバッタネー

にゃぎ : うん

ディア : SP尽きた

ジク : 今日のMVPはディアさんで

というわけで、MVPおめでとうディア。


戦闘結果。
ジクさんチーム vs クロチーム
勝者 ジクさんチーム。
MVP ディア
<><><>
25日 っと
色々とあって時間が押しまくってるので、すごく簡単に終わしてしまえ。

RO
青箱から青箱が出た。
ロシアのアレじゃあるまいしさ・・・
紫箱でも出てくれればなぁ。即行開けるのに。

仕事
忙しいったら忙しいというか忙しいんですよ。

バリウム
重い。味がついてようがついてなかろうが、飲みにくい。
というか、バリウムを飲む前に、胃を膨らませるために飲む発泡剤(?)
実はバリウムよりもそっちの方が飲むのきつい。
飲んだ瞬間、ゲップが出そうになる。
出たらやり直し。死ぬて。
<><><>
24日 
「とても、イシスが痛かった」
In.ピラミッド2F  aoao

さて。
ROの話じゃないんだが、今日(更新日25日)に会社でとんでもないことを聞いた。

同僚 「なんかさ、ウチの会社17日まで休み無いらしいよ?」
私 「へぇ・・・17日ってーと・・・・・・・・あ?

3月の17日なんて、とうの昔に過ぎ去った。
ということは、4月の17日ということになる。

で、なんだって?
その17日まで、休みが無い?

私 「えっと・・・それは土曜の休日が出勤になるってコト?」
同僚 「いや、日曜日も全部出勤

・・・・・

死にそう。
やる気というやる気が全て吹っ飛んだ瞬間だった。

今現在の私は、とてつもなく覇気がナイ・・・
<><><>
23日 指せパンダカート
主戦力が人間型な以上、そう簡単には沈まんよ! By.aoao

BSで時計地下2へ行ってみたが、壁として思った以上に機能を果たせることが判明した。

あと必要なのは、プレイヤースキル。これ。

やっぱり上手い人には敵いませぬ。
キャラクターそのものを強くすることも大事だけど、自分自身の腕を磨くのも大事だねぇ。

何事も経験から。
とにかく回数こなして、少しずつ慣れていくしかないか。


・・・しかし。
今週入ってから、ずっとBSしかしてない気がする。

にゃぎから、「アサシンじゃないアオは変な感じ」と言われたが、
変なんだろうか? (--;)

私がプリーストにはまってたときに知り合った人からは、
「アオさんはプリーストのイメージがある」とか言われたこともあるし・・・

まぁ。
あくまでも、メインはアサシン。
でも今はBSが楽しいからBS重視。

BSが一段落したら、順番的にプリースト・・・・・・
・・・・
・・・・・いや、なんか、それはない気がする。

プリースト本気でやるなら、作り直したい。
速度3ってのが個人的に許せん。
アサで速度10もらったときの嬉しさを知ってしまったから(ぉ)

でもきっと、それは、遙か遠いお話・・・・・・
にすらならないかも。
<><><>
22日 ートレボリューション!!
そろそろ、仕事が忙しくなってきた。
家に帰ってくる時間がどんどん遅くなる予感。

うぅ・・・早く帰りたい。

最近、よくグラウのアルケミストと私とBSとで組んで狩りに行くのだが、
この日はそれにみどりんプリを含めた3人で、ピラミッド2Fに行った。

深夜0時をまわっていた。
時間も時間だし、覚醒ポーション一個分の時間だけ狩るということにする。

すごい。
すごいMH。

すごい。
すごいアスペルシオ。

いやはや・・・
マミーに、アスペ入りの攻撃で800↑ダメには感動した。
試しにメマーをぶちかましてみたところ、4000という数字が。

すげΣ

私よりもっと高レベル高STRのBSさんが
アスペ入りでメマー使ったらどういうことになるんだ・・・・


とりあえずハッキリと言えるのは。
MHで使うHFとCRは楽しすぎる。

グラウアルケミと一緒に、CR連打連打連打!!

いい。
<><><>
21日 母、Gvへ行く
雲母に誘われるまま、Gvに行ってきた。
今回は初めて、BSを使ってみる。

ふはは! こいつだったらスクリームだってHFだって怖くないぜ!
・・・・ ( ´−`)

攻め込んだのはヴァルキリーレルム砦1

そこはエンベレース会場で。
人がたくさんいて。
とんでもなく、重かった。

雲母はさりげに、Gv初参加。
いや、正確には前に一度行ったらしいのだが、
あれは参加したというよりは『迷い込んだ』に近かったらしい。

しかもそれをなっちが目撃。
後に、「なんで雲君がいたの?」と聞かれる始末だった。

まぁ・・・ぶっちゃけると、今回も『迷い込んだ』に近いかもしれない。
一緒に突撃したのは、私と雲母と二号、そして一度だけみどりん。

まともに防衛しているところを落とせる戦力じゃありません。
二号単体でも激しく強いけど、やっぱり単体じゃ限界があるのですね。

・・・でもいいのです。
やるからには本気出すけど、やっぱり所詮は遊びなのです。

ねこギルドとして、本格的にGvやるつもりは毛頭ないし。
いや、ねこギルドメンバーの皆がやりたいと言えばやるけど、
それは有り得ないし。

例え遊びでだとしても、「Gv行かない?」「行ってらっしゃい」の即答応答。
色々大変らしいしね。Gvやってるギルドも・・・

さて。
そんなわけで突撃した私たち。

エンベルーム辿り着く前に落とされる・・・ってコトは一度もなかった気がするけど、
辿り着いたとしてももう破壊される寸前だったり、
雲母はCtrl+クリックして連続攻撃できなくて、エンベの周りをウロウロしてたらしいし、
バードの寒いジョークのおかげでSGの中を無傷で突破することができたり(ぉ)、

あのメチャクチャ重い中、なかなか楽しい時間を過ごさせてもらった。

ヴァルキリーレルム砦1は、最終的には知り合いの在籍するギルドが占領した模様。
エンベルーム覗きに行ったら、メテオとかとにかく色々喰らいまくって死。
ちゃんと守ってるなー、と。
思う暇もなくセーブポイントに強制送還。

尚。
雲母アサシンはその占領下のギルドの、とあるWIZからJTを放たれ、
エンベルームに向かう途中で一撃で撃沈

すぐ後ろを走っていた私は、「おおお雲母の仇ーっ!!」とか言いやしないけど
とにかくそのWIZにHFしてメマー連発。

でも、そのWIZのすぐ後ろにはプリーストの姿が。
んでもって、途中から向こうのBSまでも戦闘に参加。

無惨に散りましたとさ。ちゃんちゃん。


しかし・・・やっぱ疲れるね。Gv。
<><><>
20日 魔降臨
蒼 : DL(ダークロード)見たことないんだよなぁ

れおなん : カタコンきたら見れるぞ

というわけで、私はアサシンでカタコンへと向かった。
・・・向かったのは良かったんだが。

コボルト、竜MAPを抜け、GH突入。
修道院から侵入し、カタコンを目指す。

・・・

そして苦もなく、カタコンに到達。
既にココにはれおなんがいるはず。

とりあえず探そうかなー、そう思った瞬間。

入り口付近で座ってた集団が、皆してショックエモを出す。

なんだなんだー、と思ったら、ぱたぱたと倒れていく人たち。

・・・?

・・・!?

そして見た。
同じような巨大な集団を引き連れた、悪魔を。

私の動きは速かった。
もちろん、殴りに行ったのではない。
逃げの一手だ。

しかしDLは私に気付き、高速で接近してくる。
そしてそのまま詠唱開始。
あれが噂に聞く、高速詠唱MSか!

避けた、と思ったそのMSもどうやら当たっていたようで、
一瞬で瀕死までHPを持っていかれる。

その後追いつかれてボコボコに殴られ、死亡。
それはまるで、台風のような奴らだった・・・


その後れおなんにリザしてもらい、はぐれDI(ダークイリュージョン)を撃破成功。

さりげにDIの方も初めて見たから、なかなか良い経験になった。


・・・

BS育ったらBOSS狩りとかしてみたいですな。
<><><>
19日 囲攻撃
10匹ぐらいのゼノークが溜まると、動きが気持ち悪い。
皆同じ動きで、近くに落ちたドロップ品目がけて特攻していく。

あまり真剣に眺めないように。気分を害します。

それに+して、ハエの数も溜まってたりするともう・・・
もう、殺すしかない。

画面一杯のゼノークとハエ。
すごかった。
ホントにすごかった。

SPがあれば、CRやって手を出したんだろうが・・・
残念なことにSPが少なく、ちょこちょこ狩るに留まっていた。

そこに颯爽と登場したのがVIT騎士。
放たれるのはもちろんボウリングバッシュ。

いいなー、気持ちよさそうだ。
範囲攻撃って素敵だ。
<><><>
18日 裕で
BSでオークD2に行く・・・

凄い数の赤コウモリに囲まれるが、被ダメがALL1。
「何か思い出すなー」と思ったら、β1時代の殴りアコだ・・・

FDB3(当時最深階)やピラ4F(当時地下無し)で、
ムナックやらグールやらマミーやらイシスやらに囲まれまくっても、
全然死ぬ気配がしない殴りアコ。

シーフだった私が、ピラ4Fでヤバイ数に囲まれてるアコさんに
「大丈夫ですか?」と聞いたところ。

「余裕〜」

と返ってきた。

うん。そうだね。
私なら余裕で死ねるよ。


しかし。

オークD2で、ゼノークの大群があちこちに走り回ってる光景は
美しくないですな。

でも、今のところ一番美味しい敵がゼノークなのですね。
だから狩ります。
とにかくレベル70目指して、奮闘するべし我がBS。
<><><>
17日 BSが
楽しい。

私のBSは、メインアサシンとは正反対のVIT重視で耐える系。

装備全然揃ってないけど。
レベル全然足りてないけど。

・・・いや。違う。
装備揃ってないし、レベル足りてないからこそ、楽しいのかも知れない。

次はどのステータスを上げるか。
次はどの武器防具を仕入れるか。

必要なカードは?
必要はスキルは?

アドレナリンラッシュ! オーバートラスト! ラウドボイス!
MH発見!
突撃ーーー!!!

・・・アサじゃできないですよコンナコト。
MHは避けて通るモノですからな。アサシンにとっては。

そんなわけで。
たまにやると面白いBS、起動中。
<><><>
16日 もかも突然開始
ドン : オカ

それは、ドンの何気ないこの「おかえり」という意味の一言から始まった。

立さん : カカオ  蒼 : オカリナ

幸 : ナイーブ  蒼 : ブレスケア

幸 : アンチテーゼ  蒼 : ゼブラ

幸 : ライオンハート  蒼 : トリック

幸 : クマ  蒼 : マントヒヒ

幸 : ヒトゲノム  蒼 : ムカデ

幸 : デンドロビウム  蒼 : ムカンドウ

幸 : ウミ  蒼 : ミカヅキ

幸 : キリツグ  蒼 : グール

幸 : ルクス  蒼 : スロウ

幸 : ウンモ  蒼 : モグラ

幸 : ライダー  蒼 : ダーク

幸 : クルーゼ  蒼 : ゼオルート

幸 : トビア  蒼 : アマツ

幸 : ツシマ  蒼 : マリンピア

幸 : アンクルスネア

・・・

キニ : しりとりなのか!

蒼 : 今頃w

幸 : 気付くの遅っw

キニ : 幸さん蒼さん俺も入っていいですか?

幸 : ドウゾ

蒼 : 自由参加です

キニ : ヨシャ

蒼 : つっかえたら、枝を買ってくること

幸 : いいね、のった!
幸 : じゃあキニから、トで

・・・


キニ : 鳥取砂丘  蒼 : ウミウシ  幸 : シカゴ

キニ : ゴム  蒼 : ムカデ  幸 : デンパ

幸 : (キター!!

キニ : パセリ  蒼 : リンゴ  幸 : ごーるっ

キニ : っ!?

蒼 : 異議あり!

姫 : 却下を異議します

幸 : (姫意味不明

キニ : ルビー  蒼 : ビール  幸 : ルーラ

レオナン : ラリホーベト

なんだそれΣ

改めて・・・

キニ : ラビリンス  蒼 : ススカマド  幸 : ドンキホーテ

キニ : でばさき  蒼 : キンカイ  幸 : イスマラバード

キニ : どこでもどあ  蒼 : アンビシャス  幸 : スズメ

キニ : メダカ  蒼 : カモメ  幸 : 綿棒

キニ : ウサギ  蒼 : ギンコウ  幸 : うるう年

キニ : 執事  蒼 : 事故  幸 : コズミック

キニ : クルセイダー  蒼 : 団長  幸 : うみんちゅ

キニ : 湯葉  蒼 : バレイショ  幸 : ショタ

キニ : たちうお  蒼 : おこげ  幸 : ゲスト

キニ : 鳥取

蒼 : (鳥取好き?w

キニ : (やばい浮かばない

蒼 : 臨時  幸 : 時空

キニ : うるせいやつら  蒼 : ラッキョ  幸 : 巨星

キニ : イカ  蒼 : 壁  幸 : ベト

キニ : 鳥  蒼 : リス  幸 : スラフ

キニ : 笛  蒼 : 鉛筆  幸 : ツンドラ

キニ : ラスカル  蒼 : ルネッサンス  幸 : スルー

キニ : ルート  蒼 : トリビア  幸 : アルトリア

キニ : アーメンポテム  蒼 : ムカー  幸 : カート

キニ : とびうお  蒼 : 音痴  幸 : 知将

キニ : 浮き輪  蒼 : 輪投げ  幸 : げんこつ

・・・・・

蒼 : (まて。もしかして終わらないんじゃないかこれ

キニ : (終わらないかも

幸 : (そんな莫迦な
幸 : (全部だと広すぎる
幸 : (限定しよう。じゃないと終わらん

蒼 : (じゃあ漢字まで含みしりとりだ

幸 : (Σ

キニ : (ぅぁ、激むずいw

蒼 : (最後と同じ漢字を使わなければならない

キニ : (漢字が同じなら、違う読み方してもいいの?

蒼 : (しりとりだし、ダメにしとこう

幸 : (ダメにするとムズスギ

蒼 : (だからいいのだ。すぐ終わりそうでw

キニ : (w

幸 : (・・・こい

・・・・・

蒼 : 缶詰

・・・

・・・・・

・・・・・・・

蒼 : (さぁ・・・さぁ

幸 : 詰所

蒼 : でやがったΣ

キニ : 所帯

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・

キニ : 終わったな

幸 : ククク

キニ : ククク・・・枝よろー

蒼 : ・・・・・・・・・・・

幸 : さぁ!さぁさぁ!

・・・・・

・・・・・

・・・・・

幸 : ギブダナ

キニ : ダナ

・・・・・・・・・・

蒼 : まぁ・・・
蒼 : ギブですコノヤロウ (--;)

キニ : ヨシャー

幸 : きゃー


そんなことをしながら刻を過ごす私たち・・・

ちなみに、私が買ってきた枝から出たのはお婆ちゃんだった。
<><><>
15日 近のハヤリ
最近、私はプロ北Dにハマっている。

なんでだろう。
自分で考えるが、理由がいまいち分からない。

○EXPがおいしい?
確かに不味くはないけど、それほど効率がいいわけでもない。

○レアが期待できるmobがいっぱい?
確かにその通りだけど、レア狙うなら他の場所・・・GDとかの方がよさそうな気がする。

○つまりなに?
要するに・・・

1.全然行ってなかった狩り場だから、まだ飽きてない。
2.動き回ってること多いから眠くなりにくい。
3.MHでヒンヤリ。
4.小BOSSでドキドキ。
5.バフォでナムナム。

以上。きっとそう。たぶんそうです。

行ってないダンジョンと言えば・・・

伊豆D サッパリ行ってない。
炭坑D BSが商人だった頃、B1にだいぶお世話になりました。
沈没D ペノ嫌いなんです
下水D 行く機会と意志が皆無なのです
蟻獄D ビタタCほしー!

・・・・・・

巡ってみようかな・・・
あ・・・いやでも、すぐ飽きそう・・・(ぉ)

BS単騎でオークD2に行ってみたところ、今までにないぐらいの効率が出せた。
てか、敵が沸きまくってくれるので楽しい。

でもあそこに行くと、必死こいて収集品拾うことになりますな。
鋼鉄とか混じってると特に。

あああ持ってくなコラーーー!!

と ( ´−`)
<><><>
14日 撃するは猫な故
蒼 : さて・・・
蒼 : MH発見したら、すぐ引き返すこと

幸 : あいさ

蒼 : ・・・では、行きましょう


<< 舞台 
 プロンテラ北ダンジョン 迷宮の森

<< 登場人物
 蒼アサシン 幸ハンター

<< ストーリー
 それはある晴れた日曜の朝。
 GD3に飽きた蒼と幸の二人は、新たな刺激を求めてプロ北Dへ向かう。
 そこに待っているのは、栄光か、それとも無様な死か。
 幸運の女神は誰に微笑むのか。
 果たしてレアは出るのか。
 果たしてバフォは出るのか。

 波乱の旅が、今始まろうとしている。


・・・・

蒼 : まずいまずい

で。
入った部屋がいきなりMHだった。

当初の打ち合わせ通り、速攻で引き返す私と幸。

幸 : ・・・ちょっと、試していい?

蒼 : 死ぬなよー

私の言葉を背に、勇ましくも無謀に再度MHへ突っ込んでいく幸。
そして。

幸 : ふ

蒼 : 一瞬で戻ってきたΣ

幸 : ムリだ。アンクル置けん
幸 : ここはサンドだ

前、ここのMHでサンド使っても一匹しか寝なかったような気がする・・・
気のせいかな (-.-;)y-゜゜

とにかく、そこのMHを無視し、違う道を突き進む私たち。
現れるシャア。
シャア。
シャア。シャア。
シャア。シャア。シャア。

・・・・・・・・・・

蒼 : いや、ちょっと待て
蒼 : Jrとかマンティスとかいない・・・

シャアしか出ません隊長。

幸 : ブキミだ

蒼 : 溜まりまくってるに一票!

幸 : だな

恐ろしい事態は、私たちの見えないところで着々と進行中らしい。

そして、ふと飛び込んだ部屋。
様子を見た瞬間、背筋が凍った。

もの凄い数の、Jrとマンティス。
もちろんシャアも、ステムも忘れちゃいけません。

軽く20は越えるだろうmobの数に圧倒されつつ、私たちは瞬時に踵を返す。

幸 : ああああああああああああ
幸 : ものすんげぇ!

蒼 : きたー!!

幸 : 攻略したいな

蒼 : この面子じゃ無理

あの中だったら、3秒で沈めますよ。

ふらり、と動きを見せる幸。
何を思ったのか、突然先程のMHに突っ込んでいく。

まぁ、様子見だろう。すぐ引き返して来るに違いない。

・・・

・・・・・

・・・・・・・・

幸 : さぁかもん!

蒼 : 何を死んでるのかなキミは

THE END.


さりげにその後、一度帰還した幸と合流した私たちは、
さすらい狼とゴスリンを滅殺することに成功。

だがしかし、ドロップは何も無し。

でも、ゴスリン飛びまくるようになりましたな・・・
殴ってる最中でも平気で飛んで行ってしまう。
倒すには、かなりの運が必要かも。

とてつもない火力で、飛ぶ暇すら与えず瞬殺すればあるいはもしかして?
<><><>
13日 いミノとねこねこ
ふと気付けば、ギルド狩りの日だった。
二週間というのもなかなか早いモノですな。過ぎ去るのが。

で。

今回の参加者一覧。
私アサシン、雲母アサシン、クロ騎士、二号(スラフ)クルセイダー、
幸ハンター、グラウハンター、ディアハンター、姫ハンター
みどりんプリースト、なっちプリースト、ラフWIZ
以上、前衛4、後衛5、支援1、私怨1(ぉ)というメンバー構成。

向かった先はグラストヘイム最下層。
つまり、赤くてごついミノタウルスを相手にしに向かったのであります。

GH修道院前に集合し、そこから徒歩で最下層を目指す。
姫ハンターと二号クルセイダーは後から追いかけるというコトだったから、
他のメンバーでGHを突き進む。

しかしゴツミノ・・HFが恐ろしい。
コンロンパッチからミノを2体取り巻き召喚するらしいし、
囲まれてスタンでもしようものならボコボコにされちゃいます。

避けること前提のアサにはきつい・・・

ゾロゾロとGH内部を闊歩するねこねこ部隊。
行く手に敵が出てこようものなら、皆の集中砲火で即沈む。

それは「かわいそうだ」とラフが呟くほど。

あれです。
死にたくなければ出てくるな。


到着するは最下層。
現れるは赤いてごついミノタウルス。

振り下ろされるハンマーフォール。
ふ・・・甘い、甘いぞゴツミノ。
対応策は考えてある!

この程度の速度で振るわれるHFならば、これで完全回避だ!

バックステップ!

これだ。なんて素敵な響きなんだ。
誰もいない場所を打ち付ける、ゴツミノの大槌。

これで回避かんりょ・・・・・

ピヨピヨピヨ。

な・・・!?

蒼 : いやいや!
蒼 : 今のでスタンかい!!Σ

これ以上ないぐらい、完璧に避けたと思ったのに!

なっち : あおさん、チャントさけよう
なっち : もしくは、VIT90以上にしれ(マテ

VIT90て、今からポイント全部VITの振っても無理ですなっち軍曹!

蒼 : いや、タイミングでは完全に避けているハズだっ

なっち : ミノのHFは・・・ミノの背中に避けるようにしないと・・・かかるよ
なっち : 前面に対して広すぎる

マジですか!
知らなかった・・・ (-.-;)y-゜゜

蒼 : とりあえず・・・
蒼 : 雲母アサシンは、VIT無いのにHFを避けるということをしないイカスアサシンです

雲母 : 避けれません

グラウ : 避けてもピヨってるよりは、攻撃的だと思います!

蒼 : 言うな・・・言うなぁぁぁ! ←避けてもピヨるアサシン

姫 : なっちゃんの真下にだけはゴツミノ沸いてほしくないね
姫 : アオあんの真下なら10匹でもいいけど

死ぬわっ!!


そうして。
GH最下層も案外ぬるかったことが判明したところで、ねこねこは帰還となった。

沸きが甘い。甘すぎる!

本日の成果。
ギルド経験値600.000弱、獲得。
レア等の入手、無し。

皆の眠気が上がるような狩りだった (-.-;)y-゜゜
やはり、楽すぎるのも問題だろう。

次はもっと考えなければなるまい。
一瞬の油断が死に繋がるような場所の方が、狩りとしては面白い。

例えばそう・・・
ソロの時に、プロ北DのMHに突っ込んだ時のあのヒンヤリした感じ。
<><><>
12日 わずの天使
GM募集してたら、テロで出てきたエンジェリングに叩かれた・・・
運がいいんだか悪いんだが。
ちょうどPCの近くにいたから、音で反応して対処できたけど、
もし完全AFK中ならどうなってたことやら・・・

・・・って。
エンジェリングだし。
私が相手しなくても、絶対近くの誰かが倒すことだろう。

んで、エンジェリングが砕け散った後、
ドロップ品が無いか血眼で探すに違いない。

・・・・・

私も欲しい・・・天使のHB。
私のアサシンが天使HBを装備してたβ2が懐かしすぎる。

あの頃はエンジェリング即沸きだったし・・・
ポリン島で粘って、2週間ぐらいでGETした記憶があるが。

今は時間沸きになったし、取り巻きも出てきたし。
競争激しいし、ポリン島は本格的に暇だし。

・・・もう、狙う気力も無くなった次第で。

アクエンならすぐ見れそうなんだけどなぁ。
というか、何度見たことか。

キルハイル別荘だけに留まらず、
枝とか枝とかサモンモンスターとかで。

枝で出過ぎだと思うのです。AA。

強い割にドロップ美味しくないから、人気がない悲しき存在AA。
取り巻きがね・・・・・いや、さりげに本体も強いんだよこれが。

・・・・・
アサシンにも範囲攻撃をください・・・
<><><>
11日 モドの沸きは
私アサシンと幸ハンター、それにドン騎士の3人でコモド←のダンジョンへ。
配置変更後、皆が初めて行くダンジョンだ。
期待に胸を膨らませつつ、私たちはモロクからコモドへ移動する。

コモドでは、確認しただけでも3つの団体が油祭りをしていた。
私も一度で良いから、油祭りに参加してみたいもんだ。
見てみたい。
リバースオーキッシュ。

さて。

私たちは当初の目的通り、ダンジョンへと足を踏み入れる。
ここにはメドゥーサ、ペスト、ネレイド、半漁人、ペノメナが沸くようだ。
キメラはお引っ越ししたらしい。残念である ( ´−`)

ダンジョンに入ってすぐ、メドゥーサの歓迎を受ける私たち。
しかし、私らの数の暴力は凄まじい。
呆気なく勝負がつき、地に倒れ伏すメドゥ。

・・・
なんか、思ったより、強くない ( ´−`)

まぁ、ここで一番厄介だと思われるのは、メドゥではなくペノメナだろう。
というか、私は絶対ペノのが怖い。

当ててくる敵は何だろうと嫌いだ。嫌いなんだ。

しかし、私たちには流浪ギルドのオルさんからの助言がある。

***

オルさん : DSとSBとバッシュで一瞬で終わらない?

蒼 : よしそれだ
蒼 : ペノ見かけたら即死させる

幸 : 瞬殺!

***

というわけで。
ペノを見かけた瞬間、私たちはすぐさま行動に移す。

幸は遠距離からダブルストレイフィング。
私とドンは速やかに接近してソニックブロー、バッシュ。

見事に、一瞬でケリがついた。
なんだか、スッキリ。

・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・

いやはやしかし。

ドン : 隊長、敵がいません

そう。
全然敵がいない。
たまーに、思い出したかのようにメドゥとかペノとかに出くわすけど・・・

この沸きは、異常だ。

ドン : マッタリ窟と化したかここは

うぬぅ。
とりあえず、コンロン前はこんなマッタリなところじゃ無かったはずだ・・・

なんだ、どうしたんだコモド。
mob生産工場が詰まったか。そうなのか!

・・・・・
要するに、結論↓

幸 : なんて、痛不味い狩り場だw

3倍ぐらい沸きが良くなってもいいような気がする。いやホント。

ちなみに、コモド↑のダンジョンの沸きも悲惨なモノになってた。
過疎化するのもしょうがないってあれは・・・・・
<><><>
10日 けたくない
他の人に負けるのは別にいい。
いや、正直言うとちょっと悔しいけど、でもまぁいい。

ただ。
私は、幸ねこという存在には負けたくない。

その日、Pvヨヨモードアルベルタに私のBSはいた。
隣にはチビスラフ(セカンドクルセイダー)と、堅くて避けるアサシンにゃぎ。

前からの知り合いであるキニの剣士と、幸ねこハンターも居るはずだったのだが・・・
どこにいるか分からず、とりあえずアルベルタ船の下で
適当に殺し合いをしていた(ぉ)

蒼 : 死ぬっ死ぬー!!←HPゲージ真っ赤
蒼 : ヒィヒィ・・・君たち怖いよっ!

にゃぎ : ワタシハナニモシテマセン
にゃぎ : ムジツデス

さっき人にソニックブローぶっ放してたのはどこのどいつだぁぁぁ!!

とかなんとかしていると、離れた場所にいた幸がその姿を現す。

必然的に、戦闘開始。

離れた場所から狙撃してくる幸。
私は距離をつめつつ、ハンマーフォールを打ちまくる。

いやはや。
アサの時は自分にとって驚異でしかないHFをこうやって使うなんて・・・
ちょっと変な気分。

そのうちHFがHITし、ピヨピヨとスタンする幸。
何の遠慮無くメマーを連打する私。


第一試合 Winner 蒼BS


蒼 : キニはどこ行ったんだ?

幸 : 落ちたw

スラフ : 何しに・・・

にゃぎ : 幸起こすよ〜

幸 : あい
幸 : なんでアオにDSとか撃てないんだ

にゃぎ : 幸が、アオ(アサシンの方)とPT組んでるから
にゃぎ : シーズみたいな感じで、クリックしにくくなる

幸 : 抜けた(ニヤソ

そうして、突如始まる第二ラウンド。

今度はDSやらBBやら使いまくってくる幸だが、しかしHFでスタンしたらお終いだ。
ピヨピヨ状態になった幸に、またまた容赦無いメマーナイト。

バシッ!とダメージを受け倒れた幸は、そのまま溶けるように消えていった・・・


第二試合 Winner 蒼BS


にゃぎ : さすがアオ、容赦ない

蒼 : 容赦なし!

その後、ラフ騎士もその場に加わり、
マッタリなんだか殺し合いなんだかよく分からない時を過ごす。


幸が戻ってきた。
最初から戦る気満々で、遠くから狙撃してくる。

蒼 : 今回だけは・・・回復惜しみなく・・・(ぉ

持っていた赤ポを使いつつ、幸に肉迫する私。
アンクルをかわし、アンクルに乗ってしまいを繰り返し、それでも届くHF。
ピヨピヨスタンな幸さんに、力の籠もったメマーナイトォ!

カランカラン!


第三試合 Winner 蒼BS


幸 : 我慢ナラン
幸 : リザお願いする

倒れた幸は、駆けつけた流浪新人プリさんの立川さんにリザを求める。
快く応じてくれた立川さんが、幸にリザ。
立ち上がった幸は、とりあえず座ってSP回復をしているようだった。

が。

にゃぎ : 幸
にゃぎ : ヤレ

その言葉が引き金となり、第四試合が始まった!

相変わらず、逃げつつ攻撃してくる幸を私が追いかける形だ。
HFで幸がスタンした瞬間、私の勝ちになる。
だから幸はHFの間合いに入らないように逃げるし、
私はHFを当てようと接近するわけだ。

置かれるアンクル。
それに乗ってしまうと、しばらくの間一方的に攻撃を受けまくる。
アサシンの時ならばハイドなりバックステップなりを使うのだが、
BSだと立ち往生・・・なにもすることができない。

ハイドクリップ? そんなもの持ってるわけ無いですよ (-.-)y-゜゜

ひたすら負けられないという意識に支配されている私は、
本当に惜しみなく赤ポを使いまくる。

届かない。届かない。届かない!

何故だ。何故ここまで追いつけない。
幸の逃げ方が上手いのか。
私の追いかけ方が下手なのか。

ひたすら追いかけっこを繰り広げている私たちだが、
只の一度も、幸がHFの間合いに入らない。

なんで・・・なん・・・・で?

・・・あれ。
ちょっと、まて。

蒼 : 幸さんもしかして・・・
蒼 : 速度かかってないか?

にゃぎ : キノセイ

ラフ : ダネ

立川さん : だねw

・・・・・・・・・・

追いつけるかぁぁぁぁーーっ!!!!

そしてアンクルに乗っかる私。
これで何度目だっけかな・・・とか考えてると、ぱたりと倒れる私のBS。


第四試合 Winner 幸ハンター


蒼 : むぅ・・・

にゃぎ : とうとう

スラフ : 逝った

ラフ : ナム

幸 : 赤ポ使いすぎ

蒼 : 負けるわけにはいかんのだよ!(負けたけど

幸 : まぁ、HFが驚異だった

蒼 : くそぅ・・・
蒼 : レベル上げてやろうか・・・ ←67

にゃぎ : レベル上げたところで
にゃぎ : ワタシには勝てません

・・・・・

なんだかとてつもなく勝てそうな気がしないのは何故だろう・・・ (--;)
<><><>
9日 波遮断は白い布
にゃぎ : アオ、そろそろ
にゃぎ : クロも電波の領域から逸脱し始めた気がする

クロ : キノセイ
クロ : (・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・多分

蒼 : 電波を逸脱したらどこへ行くんだ・・・

にゃぎ : 中性子飛ばしてますよ彼

蒼 : 中性子かΣ

スラフ : スカラー波でどうかね

立川さん : それだw

蒼 : クロ君は白い集団の仲間だったのか・・・・・

てなわけで、クロ君は実は白い集団でした。


さて。
ねこねこの蒼、二号(スラフ)、クロの前衛組と、
流浪のにゃぎ、新人さんの立川さんプリーストの2人、
合わせて前衛4、支援1のPTで、
サクッと騎士団に行って、
サクッと城2に行って、
サクッと殺されてきました。

城2の沸きが甘い・・・と呟く二号の言葉に反応するように、
まるで今まで詰まっていたかのように次から次へとmobが沸き、
殲滅が追いつかずジリジリと押され、最後には全滅。

蒼 : 沸きが甘いとか言ってた人誰だ〜?

スラフ : あい

蒼 : 前言撤回せよ!

スラフ : デスペナを収めます

みんな収めたけどね、デスペナ♪
<><><>
8日 と猫と
しおれない薔薇 : そしてねこねこは亀島に旅立っていったのです
しおれない薔薇 : 飛び交う鷹、吹き飛ぶアオあんの左腕、唸りを上げるアビスさんのヒ〜ル
しおれない薔薇 : 突如現れた謎の亀によって絶体絶命のピンチに陥るねこねこ達
しおれない薔薇 : 次回、鮮烈の浦島にご期待ください

姫のナレーションが流れる中、私たちは亀島に立っていた・・・・・

aotin : さてやろうか・・・・・

79だった幸ハンターのレベルが、亀島地上にてあっという間に80に上がる。
こうして公平ができるようになった幸と私は、初めて公平PTを組んだ。

その二人を支援してくれるのは、我がねこねこギルド期待の新人、
Abyss*ことあびの別キャラ。INT-DEX型のプリースト。

あび : 何故(幸のLvUPが)はやかったかってゆーと
 たるかったので非公平シチャイマシタ

まだ幸のレベルが79だったときは、幸とあびの2人でPTを組んで行動していたのだ。
ちなみにその間は、私はPT外で極力素手。素手というか毒手。たまに聖拳(ぉ)

幸ねこ : Σ

aotin : だからかw

幸ねこ : ナルホド
幸ねこ : ありがとさんです

あび : ばっちり
あび : かえってきた相棒?

aotin : てか初めての公平?

幸ねこ : かもしれぬ

あび : なんだってーw

幸ねこ : キャラ浮気しすぎの私が悪い
幸ねこ : アオそれオンリーみたいなもんだしな

何を言う。
私だってプリとか(現在封印中)、BSとか、BSの前は剣士とかやってるのだよ!

私と幸で何に差があるのか。
簡単だ。
プレイ時間。

幸ねこ : てか、あびさん(の狩り方が)上手いと思いますっ

あび : 仕様です

幸ねこ : 仕様かい

aotin : というかホントに
aotin : あびの動きが私らとは段違いだw

あび : フフフ
あび : 下僕その2ゲットな予感?

幸ねこ : 下僕おめ (←下僕1)

aotin : 私は下僕にはならんぞっ

幸ねこ : 何を言う、すでにわたしの下僕だろう

aotin : 非人間が何をっ

あび : じゃあしょうがないから付き人

付き人・・・下僕よりマシか(ぉ)


そんなこんなで、素晴らしい沸きの中で右往左往する私たち。
ある広場に腰を落ち着け、群がる敵を屠りまくる。
・・・良い感じだ。とてつもなく良い感じだ。
ただ、ペストがとてつもなく邪魔だ。

しばらく、会話をする余裕すら見せながら、私たちは狩る。

幸ねこ : 土矢が200切ったです

あび : たまには打ちつくすまでやってみますか

幸ねこ : 我が魂が燃え尽きるまで撃ちぬくのみ

あび : 燃え尽きたらどーしましょか

幸ねこ : 海の見える公園に埋めてください

あび : それどこ…w

aotin : 海に投げ捨てよう
aotin : そこの川でもいいかも

幸ねこ : アオは死体遺棄でタイ━━━━||Φ|(|´|D|`|)|Φ||━━━━ホ!!!

aotin : ゲフェンの展望台から下へ投げて・・・

幸ねこ : そういうのもOk

aotin : バラバラになりそうですぞw

あび : しかし残念ながらあおさんがイマイチ瀬死にならんかったですね

幸ねこ : 私はお花畑を見ましたが何か

aotin : 数が足りんのだよ数が!

幸ねこ : チィ


結局、矢の残りが少しになって、覚醒が切れたタイミングで帰還。
上納50してるのに、この狩りだけで5lも稼いでしまった・・・

トンボさん、ウサギさん。とても美味しく頂かせてもらいました。有難う。

ところで本当にさ・・・・
プリーストが居る狩りって、違うね ( ´−`)
<><><>
7日 界にその名を
jiku : アオさんや、今夜ちょっとGvG遊びに行かないか?
jiku : 流浪で少人数でレースでも行ってこようかなと今話してたんだけど

*nagi* : 流浪から4人か3人行くかな

aotin : む
aotin : 遊びなら行こう

*nagi* : 本気ですよ(嘘だけど

aotin : 私は常に楽しみを求めているっ

*nagi* : 名前を出す

aotin : いいね、目標は名前を出す
aotin : この世界に名を知らしめるのだ

という流れがあり、この日私はGvへと参加したのだった。


Gv・・・それは、強烈な超重力との勝負だ。
まともに歩くのですら一苦労。
クリックしてから数秒経って、やっと歩き出すのなんて当たり前。
下手すると全然動かないし、動いたとしてもゴムに引っ張られるように引き戻されたりする。

それにプラスして、砦を攻める者ならば、防衛している者を。
砦を防衛してい者ならば、攻めてくる者を相手にしなければならない。
かなり、神経を使うコトだと思う。

思った通りに動いてくれない自分のキャラ。
いつ誰から攻撃されるか分かったもんじゃない緊張感。

毎週これを繰り返している御方たち・・・よくできるなぁ、いや本当に。
まぁ、あの緊迫感が楽しいと言えば楽しいんだけど。


私とPTを組んだメンバーは、

ねこギルドより
私アサシン

流浪ギルドより
にゃぎアサシン、ジクさん騎士、オルさんハンター、マリさんプリ

カートに愛をこめてギルドより
アトさんブラックスミス

多少の入れ替えがあったようななかったようなだが、基本は上記の6名だ。


目標は一つ。
エンベを破壊し、アナウンスに自分のギルド名を出させること!

はっきり言うと、防衛は無理だ。
本気で守りたいと思うなら、この人数じゃ少なすぎる。

砦を狙うつもりでやるなら、終了時間ギリギリに破壊するしか手段がない。

まぁ、それができたら最高なんだけど、
エンベレース会場では皆してそれを狙ってるわけで・・・

最後ぐらいになると人の数がかなり増えて、
ワープポイントに人が詰まるという現象を見ることができる(ぉ)


さて。
私たちは最初、アルデバランの砦4に狙いを定めて突撃した。

やっぱり、重い。
思ったように進まない。
それでもなんとか進んでいくが、エンベルームに辿り着く前にエンベが破壊され
強制的に戻されてしまう。

分からない人用に説明:
ギルドエンベリウムが破壊されると、その砦にいる者で、
ギルドを破壊したギルドとその同盟以外は、全てセーブポイントまで強制退去させられる。
ハイドとかしても無意味デスヨ?

もう一度・・・! と意気込んで、タイミングを計って突っ込んでいくが
今度はハンターから狙い打ちにされて殺されてしまう。

三度目の正直!
今度は全員揃った状態で突っ込むが、結局は離ればなれに(ぉ
道が分からずウロウロしていると、偶然にゃぎとジクさんを発見。
「おぉ天の助け!」と後ろをついて行くが、途中で崖の上からハンターに狙撃される。

進む。進む。進む。
攻撃を受ける。攻撃を受ける。攻撃を受ける。
戻される。戻される。戻される。

い、いや、何故離れられない・・・ (--;)

そのままチクチクと削られ、最後には逝ってしまう私。

それをじ〜っと、少し離れた場所から眺めているにゃぎ。

*nagi* : あおちん無様です

思い切り、何の慈悲も無く言われた(ぉ)

aotin : くく・・・
aotin : 何が屈辱って・・・
aotin : 一部始終をにゃぎに見られ続けてたのが屈辱

*nagi* : w

アルデバランまで戻された私が、再び砦4まで移動している途中・・・

ATLAN : 5行ってくるw

アトさんが砦5に行くらしい。
ふむ・・・じゃあ私も行ってみるか。
そう思って、進路を砦4から5に変更。超重力が支配するギルドMAPを駆け抜ける。

進んでいると・・・

砦[Luina Guild 5]を[―――]ギルドが占領しました

あや、砦5今落ちたっぽい。

ATLAN : 入った瞬間落ちたw
ATLAN : あほだw

jiku : ギャグだなあとさん

アストレイア(オルさん) : w

そして私はと言うと、落ちた瞬間に砦5の目の前に居たわけで・・・
行くしかない。と突撃していく単独アサシン。

・・・・・・・・・・・

aotin : 誰もいなーい

そう。そこは誰もいなかった。
攻める者の姿も、守る者の姿も。
・・・・・ある意味、人がたくさんいるときよりも恐怖を感じる。

aotin : 怖いぐらい誰もいない

そう言いつつ、私はエンベルームを目指して突き進む。
この砦は、以前に遊びで何度か来たことがある。
道順は覚えている。多分きっと。

エンベルームを目指して進む私を、悠然と抜き去っていく速度増加プリ。
・・・お、人だ。
人だけど、この砦を占領中のギルドじゃないな。

どうなってるんだ、ここは。

結局、なんの妨害もなく、エンベルームまで辿り着けてしまう。
・・・っと。
エンベルームに入ってすぐの道の脇に、現在この砦を占領中のギルド員を発見。
女性のアサシンさん・・・・・・・・・・・・・・でも、座ってる。
その隣をプリさんが走り去ってったってのに、反応しない。

・・・・む?
なんだかよく分からないけど、見逃してくれるなら相手にしなくてもいいだろう。
私もそのアサシンさんの横をすり抜け、エンベ目指して・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・エンベが見えた。
見えたけど・・・・・

aotin : うわ! 凄い状態!
aotin : 誰も守ってない!
aotin : ギルド違うのが4人だけエンベ叩いてる!

ATLAN : w
ATLAN : 次いくでー

とにかく、エンベに辿り着こう。
道に沿って進んでると、後ろからオルさんが登場。合流。
エンベ一歩手前まで来て、オルさんが言う。

アストレイア : 援護するから壊していいよ

壊していい、というのはもちろんエンベリウムのコトですな。
お任せあれ。永続火力なら多少の自身ありますぜ。
見たところ、殴っているのはセージ1、プリースト2、モンク1という構成。
出遅れている私だが、やろうと思えばやれるかも・・・!

ATLAN : おおおおお
ATLAN : 落とせるのかーーー!!

やってみる・・・っ!!

エンベに近づく私。
こうしてギルドエンベリウムを目の当たりにするのは、随分と久々だ。
タゲ設定。覚醒P完了。装備、問題なし。
あとはひたすら・・・・・・殴るのみ!!

ダダッダダッダダッダダ!!

結構な時間を殴っていたと思う。
後ろからオルさんの援護が飛び、駆けつけたジクさん騎士も戦線に加入する。

落とすか・・・落とせるのか・・・・・・!?

砦[Luina Guild 5]を[最終兵器ねこねこ]ギルドが占領しました

ふっと消える、私以外の人の姿。

・・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・

aotin : きたーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
aotin : 見たかーーーーーーーーーーーーーー!!!!

jiku : アオやりやがった

ATLAN : おめーー!!

In ギルチャ↓

aotin : 世界に名前、知らしめましたーー!!

幸ねこ : きたーーーーーーーーーーーーー

Abyss* : すんげええ

幸ねこ : ん? 急行すべき?

aotin : いや、いい。どうせ守れない
aotin : 潔く・・・・・・・力の限り戦って死ぬさ!

Abyss* : あおさまがんばってーえ
Abyss* : てかすごいですほんと

運が良かっただけなんだけどね ( ´−`)

さて・・・・・・では、やるとしますか。
一人でも多く、このエンベに攻撃させることを許さないように。
近づく者に、死を運ぼう。我が命消えるときまで。

ねこねこが砦を落としてから数分後。
現れたのは、ペコに騎乗した騎士と、プリースト。
二人は違うギルドだった。恐らく両方、ソロで来たのだろう。

私は、最初に突っ込んできたペコ騎士に狙いを定める。
当然の如く、私の存在など無視してエンベに殴りかかっていく騎士、そしてプリースト。

Gvでアサシンは、こういう扱いだ。
・・・改めてもらおう。その意識を。

ダメージ値が表示されないからいまいち効いてるかどうか分からないが・・・
倒れろ、騎士よ!

殴る。ひたすらに騎士を殴る。
裏切り者を装備している私だが、攻撃がMISSすることがなかった。
間違いなくVIT騎士。ASPDも遅かったし、AGIは無いと見た。
狂気P使ってたから、高レベルなことは確かだけど。

殴る。殴る・・・・効いているのか。
心配になってきたりするが、でも殴る手を休めることはしない。

そうこうしてると、アトさんのブラックスミスも到着。
一直線にエンベを叩きに行く。

そうだ。どうせ取られるならアトさんカートギルドか、にゃぎたち流浪ギルドがいい。
他のギルドに取らせるかぁぁぁ!!

殴り続けていると、騎士が白Pを使い出す。
む・・・一応は効いていたらしい。
白Pを使っているということは、それなりにHPを減らせたってコトだろう。

だが、それではだめだ。沈めないと意味がない。
だがどうする。このまま殴り続けて、白Pが無くなるのを待つのか?
まぁ、白P使わせてる時点で、向こうに金銭的打撃を与えているのだろうけども(ぉ)

・・・が。
もうこれ以上、それを考える必要は無くなった。

砦[Luina Guild 5]を[【カートに愛をこめて】]ギルドが占領しました

エンベが破壊され、強制的に戻される私。

幸ねこ : 短い天下でしたな

aotin : アトさんにやられたっ

幸ねこ : アトさんかぃ

その後、アトさんも他ギルドからエンベを破壊されてしまい、宿無し状態に戻ってしまった。

「次は流浪だー!」と張り切るが、
結局最後までエンベを破壊することができずにGv終了。

いやはや。
正直、まさかエンベを壊せるとは思っていなかったから驚いた。
もしかして、壊すことだけを目的に動き回れば、誰でも壊せるのかも知れない。

守れないけど (--;)

本日のGvは目標達成できたし、楽しめたから良かった良かった。
あとは流浪の名前を出せたら最高だったんだけど・・・

最後に、やっぱり、定番だけど言わせて欲しい。

Gv、重すぎ。
<><><>
6日 ロ北は死の香り
なんかもう、どうしようも無いほど久々に、私はプロンテラ北ダンジョンに立っていた。

隣に立つのは、幸運王ことグラウのハンターに、私怨はお任せなみどりんプリーストだ。

考えてみると、本当に久々だ。
ROにあるダンジョンを一つ一つ思い出していった場合、
必ず最後に思い出す・・・又は思い出すことができなそうなダンジョン。
それが私にとって、プロ北Dだ。

β1・・・まだ私がシーフだったときに、一人で赴いたときのことを思い出す。
黒蛇とシャアが、かなりの強敵だった時代。
一匹一匹をひぃひぃ倒しながら、私は進んだものだ。

β2・・・アサシンになったが、まだクリ装備を揃えてなかった頃。
というか、クリアサという存在を知らなかった頃。
知り合いのアサシン(二刀派)と一緒にプロ北Dに飛び込み、
当時新しく追加されたアルギオペの一撃を受けて、度肝を抜かされたことを記憶している。

課金後は、出るモンスターにあんまり魅力を感じないことと、
部屋が区切られている上に道が複雑なことが重なり、
めんどいからいいや、とプロ北Dに行くことは無くなっていた。

しかし・・・
どうもコンロンパッチ後、プロ北D2以降ではMHが高い確率で発生しているらしく、
なかなか楽しい狩りができるらしい。

まぁ、当方アサなんで・・・
囲まれたらお察しください。

1は、グラウの道案内ですんなりと通過。
目標は2以降だ。1はいくらなんでも温すぎる。

そして、1〜2に続く広場(?)に到着したとき。
ぬっと、紫なんだか黒なんだか、よく分からない色の熊が沸いた。

「ありゃ・・・なんか見たことがない色・・・」と思ったのもつかの間。
そいつは取り巻きを召喚し、みどりんに襲いかかっていく!

情報:
レイブオブマイ LV58 HP23.731 ATK740-1.390 DEF27+95
取り巻きはサスカッチ

即座に本体を殴りに行く私。
どうやらタイミングが良かったらしく、
本体のみ私を攻撃し、他のサスカッチは全てみどりんに流れていく。

ちょうど良い距離を保ちつつ、サスカッチを引きつけるみどりん。
レイブオブマイに集中し、殴り続ける私。
それを援護するグラウ。

そうしてやけにアッサリと、レイブオブマイ撃沈。同時にぶっ倒れるサスカッチの大群。

グラウ : いきなりなんかきたw

みどりん : ビックリ

蒼 : あっさり
蒼 : まぁ、なめんなーとw

誰も、一撃も受けずに打ち倒しました。
ギルドDにはあれが普通沸きするのか・・・オソロシイトコロダ。

その後、2へと突撃。
右へ左へ上へ下へ。
ランダムワープを避けながら、私たち3人は闊歩する。

みどりん : どこがMHかわからないから、ドキガクですね

ぐらう : んむw

とか何とか言ってると、本当にMHに突入。
ふと画面を見た。

わらわらと走り寄ってくるバフォJrに黒蛇にシャアに・・・
キラーマンティス・・・?!

ほんの少しの間奮闘するも、やはりと言うか当然というか。
グラウが死に、タゲが流れてきて私も地に伏し、みどりんも・・・・

・・・をを! みどりん生きてる!

みどりんは生きていて、私たちは蘇生して貰うことができた。

いやはや・・・
なんつー恐ろしい所だ (--;)

グラウ : 今明かされた驚愕の事実

蒼 : なんだどうした?

グラウ : 罠ワスレチッタ(テヘッ

Σ(・・;)

ま、まぁ私も赤ジェムがさっぱりない状況だったりするのだが・・・

立ち上がった私たちは進んでいく。
現れてる敵を。立ち塞がる敵を。死を運んでくる敵を。
ことごとく粉砕し、ことごとく斬り伏せ、ことごとく殴り飛ばし。

そして、再びMHに突撃した。

今度はみどりんも含めて、全滅する私たち。

グラウ : むり。何匹いるんだ・・・

みどりん : 20・・・はいるな

蒼 : ごめん、素で笑えるw

あまりに集まってるmobの数が多すぎて、見ていて笑えてくる。
しかもそのmobの大半が、誰か人が入ってきた瞬間、それ目がけて突進していくのだ。
怖いを通り越して、笑えた ( ´−`)

その後、仕切り直しってことで時計地下4(婆ゾーン)に突入。
暫く良い感じで狩るが、私の眠気がMAX柵越え状態になり、帰還。

しかしあのMH・・・トラウマになりそう (--;)

範囲攻撃が欲しいと思った一瞬。
マグナムブレイク使ってみたいなー・・・どんなもんなんだろう。
お金、ないけど (-.-;)y-゜゜
<><><>
5日 計と私ら
ひなあられとか、餅とか。
一体何の話をしてるんだろー? とか思ってたワケで。

ひなあられと餅を一つずつ受け取り、アマツにポタで飛び、
そこからひなあられと餅を使って時計地上4に飛べると知ったときは驚いた。

え? じゃあ鍵って・・・・・鍵の存在意義は・・・!?

まぁ、飛べるならいいや ( ´−`)

というわけで、私アサとれおなんプリ、そしてオルさんハンタの3人で
時計地上4Fへと行ってきたのだ。

前回は定位置狩りしかやりようが無かったが、
今回は違う。

定位置狩りなんて暇なことできるかーって勢いで、私たちは走り回る。

クロックばっかり沸くなーと前の狩りの時に感じていた私だったが、
そんな考えはすぐさま変わった。

沸く。筋肉時計(アラーム)が沸く。
沸く。梟が沸く。

いやはや。
ここは場所によって沸く敵にばらつきがある場所だったらしい。

本屋とか言われている、ライドワードが大量に沸く部屋があるらしいし。
・・・本ばっかりって、メチャクチャ恐ろしいんですけど (--;)

筋肉時計を叩き潰し、梟を退け、クロックを蹴散らし・・・私たちは進む。

れおなんの支援は惚れ惚れするほど的確だった。
支援効果切れたなー、と思った瞬間。またはその前にかけ直される支援効果。
敵が大量に沸いた時などは、自分が体を張ってmobを数体引き受ける。

か弱い。ねぇ (-.-;)y-゜゜

オルさんの火力も凄かった。
私一人なら溜め込みそうな沸きに遭遇しても、次々と敵を打ち倒して全滅させてしまう。
DS、及びBBってスバラシイ。

アサにも瞬間火力をください ( ´−`)

さすがは廃集団。
自分がおかしな行動とらないかドキドキもんだった。いやホントに。

しばらく狩った後に一時帰還。今度はにゃぎアサも引き連れて再び突撃。
その途中でジクさん騎士までも合流し、PTはなんかトンでもないことに。

本が大量に沸くという本屋の占領に成功した私たちは、
暫くその場に居座って、おいしくEXPを稼ぐ稼ぐ稼ぐ。

50l上納してるのに、8l近く稼いでしまった・・・

つまり、問答無用でおいしかった。
<><><>
4日 て困った
何もしてない。

ROにログインはした。
ギルド員募集チャットは立てた。
ログインしていたギルドメンバーとちょっと話はした。

それだけ。
本日はそれだけ。

何故そんなコトになったのか。
スゴク簡単に言うと、私が風邪引いたからだ。

会社の残業を断ってまで早く家に帰ってきたというのに、ROで狩りなんてできませんっ。
・・・まぁ、私はそんな良い子じゃないような気がしないでもないが。

普通に風邪っぽくてキツかったから、早々に寝たわけで。

頭はフラフラで気持ち悪い。
腹は痛いし悪寒もする。
いやはや、風邪ってやっぱしんどいですわ (--;)

皆様も風邪には充分気をつけましょう。
<><><>
3日 してさりげに、私風邪ひいたっ
そして始まる。ねこねこ式お初挨拶。

Abyss* : こんばんわはじめました

今回の主賓は、私がぶっ立てていた募集チャットに書き込みをしてくれたWIZ、Abyss*さんだ。
ちなみに、これは本人達を前にしないギルドチャットでの会話となる。

お相手をするのは、ねこねこが誇る壊れ人たち・・・

kuro-luc : はじめまして〜

Dynast-Grawshellar : ばんわ〜

surafu : バンです〜

幸ねこ : こんばんわー

しおれない薔薇 : はじめまして、えみやしろうです

幸ねこ : Σ

aotin : 姫が暴走してるΣ

異常の6人だ(誤字にあらず)

Abyss* : 本物さんたちだー

幸ねこ : えええ
幸ねこ : なんですかその、有名人みたいな

Abyss* : ホームページ見てきましたのです

幸ねこ : にゃる
幸ねこ : あー、えっと、このギルド唯一のまとも人間のねこと申します
幸ねこ : 以後お見知りおきを!

Abyss* : よろしくおねがいしますー

aotin : 幸、何度も言うが
aotin : それはアリエナイっ!

Dynast-Grawshellar : スルーで

kuro-luc : 異議アリ!!

幸ねこ : 失礼だと思います!

Abyss* : (とりあえずは猫かぶっとこ…

幸ねこ : Σ

aotin : 大物だっ

幸ねこ : (あれか、最初の挨拶ツッコンデいいっていうことかΣ

幸、それは途方もなく手遅れだ。

* * *

surafu : なかなかかせいどる
surafu : 感謝しとくぞ薔薇姉
↑このギルチャに至る前に、姫騎士と二号クルセイダーはSD5で稼いでいたのだ。

しおれない薔薇 : ぉぅ、あたしも稼げたぞ使い魔A

surafu : おい・・
surafu : イツカラ・・
surafu : ファミリアになった覚えはナイゾ

Dynast-Grawshellar : 使い魔Sじゃないの?

しおれない薔薇 : エー
しおれない薔薇 : sだと
しおれない薔薇 : 使い魔鈴木だよ

幸ねこ : (´-ω-`)

Dynast-Grawshellar : エー

kuro-luc : 使い魔その1

Dynast-Grawshellar : 使い魔しおれないb(ry

surafu : ひとを呪わば穴が500万個

Abyss* : (大杉じゃ

しおれない薔薇 : あたしにはのろい効かないぞ
しおれない薔薇 : あたしが呪いそのものだから

surafu : 浄化シヨウ

しおれない薔薇 : ムリダナ

kuro-luc : _

しおれない薔薇 : あなたには煩悩がオオスギダ

* * *

幸ねこ : (なんて呼ぼうかな〜
幸ねこ : (あびさんは妥当すぎる

Abyss* : なにが妥当なんですか?

幸ねこ : なんて呼ぼうか考えてるんですにだ

しおれない薔薇 : アビス.......深遠.......グラストのアレ....

Dynast-Grawshellar : ながいょ

しおれない薔薇 : フフリ

Abyss* : 女王様と(ry
Abyss* : 嘘ですゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ

しおれない薔薇 : 馬の手綱で.......

幸ねこ : (イキナリキャラがデテキテル・・
幸ねこ : (大物新人キター

surafu : 猫かぶってるよりはるかにいいぞ

Dynast-Grawshellar : 猫ちゃんがくわれそうだ。

幸ねこ : なんてこった
幸ねこ : 油断できねぇ!

Abyss* : 何気に小心者ですよー

しおれない薔薇 : 女王様.....監獄のアレ
しおれない薔薇 : sつきイカリングで........

Dynast-Grawshellar : ククク

しおれない薔薇 : うぅ、突込みがないTT

kuro-luc : ナンデヤネーン(ぉ

Abyss* : 鞭装備できないんです…ごめんなさい…

幸ねこ : ツッコミできないんです、ごめんなさい

しおれない薔薇 : ボンクラー

Dynast-Grawshellar : ボケ集団デスカラ

幸ねこ : (パワーバランスがますますボケに傾いた・・

* * *

幸ねこ : 隊長!臨時召集はないのっ?

aotin : 隊長!!

kuro-luc : Zzz・・

aotin : ・・・ってクロ君?

幸ねこ : 貴方だっ
幸ねこ : クロくんは裁判長だぽ

そうかそうだった (-.-;)y-゜゜

+Mink-falun+ : クシュン

そうこうしているうちに、なっちプリーストのログインを確認。
挨拶も早々、見慣れない名前に気付いた模様。

+Mink-falun+ : えーと・・・・・

Abyss* : こんばんわはじめましてー

+Mink-falun+ : こんばんわ
+Mink-falun+ : はじめまして〜

aotin : で、招集はないのですか隊長殿!

Abyss* : 隊長!

kuro-luc : どうするんですか、将軍様(ぇ

幸ねこ : (ところで私の階級を教えてたもれ

aotin : トイレ掃除

その後、二号が風呂に行くとか行かないとかで一悶着あり、
(二号の名誉のために伏せよう。うん、それがいい)
いつまで経っても本題に入らないコトに幸がしびれを切らす。

幸ねこ : えー
幸ねこ : まあ、あれだ
幸ねこ : アオ

aotin : はいなんでしょうトイレ掃除

幸ねこ : ・・・
幸ねこ : ふ
幸ねこ : もうしらんっ

Abyss* : まじっくりーん?

aotin : まじっくりーん、機嫌なおして〜

しおれない薔薇 : ねこちゃんがバキュ〜ムカ〜って言われてオチコンドル

いつまで経っても話が変な方向に発展し過ぎて、
全くと言っていいほど内容が前に進まないのは私たちの悪癖だろうっ!
(今回逸らしたのは間違いなく私だが)

そんなこんなで全く進もうとしない話を何とか動かして、
とりあえず拠点に現ログインメンバー全員集合。

ディアの時みたいに自己紹介・・・
なんて始めたら日が変わっても終わりそうにないので、
PTを組んで騎士団2に突撃。

いや〜・・・
深淵さんのBDSでまたもや即死ですよっ。
8000とか喰らったような気がする。
どうしようもないなーこれw

そんなこんなで。
ねこギルドに、またもや新人さんが入りましたっ!

(さりげにラフのWIZも入ってたりする)
<><><>
2日 くろうさん!
昨日は時計地下行ったんだから、今日は地上だっ!

そういうことでやって来ました時計地上4F

さりげに、私初めて来ました。
感動です。えぇ、感動ですよ!

aotin : なにが痛いって、そりゃライトニングボルトがががが!

そう。
地上4Fに沸く、オウルデューク。別名、「梟(ふくろう)」
普通に殴ってくるだけなら、特に問題はない。
だが彼は、殴りながら使ってくるのだ。LBを。

魔法は避けられません隊長!

共に地上4Fの床を踏んだ、二号クルセイダーと幸ハンター。
例によって例の如く、プリーストという癒しは存在しません。

無謀にも思える突貫。

けど、行ってみるとなんとかなるもんで・・・

梟もそんな馬鹿のように沸くワケじゃないし、
アラームは沸くことが珍しい勢い。
本もまた然り。

クロックはアクティブじゃないから無視できるし、
魔剣? へ? ホントに出るの? だし(ぉ)

迫り来る梟をたこ殴りで返り討ち、
手が空いたらそこらへんをふよふよしてるクロックを殴ってみる。

なんて言うか・・・
思ってた以上に、マッタリしてる場所ですな・・(ぉ)

私たちが固定狩りしてる所為もあるんだろうけど。

時計地下4の、あの婆さんの沸きに比べたら・・・!(比べるな)

とか何とか書いてると、全然余裕だったように聞こえるかも知れないが、
ぢつはそうでもない。

私のSPは常に0に近かった。
やっぱり、必中LBは痛い。

一発一発は致命傷ではないが、
それを何度も受けるとしっかり致命傷になる。

しかも、私は回復アイテムを使うつもりがない(ぉ)

・・・っと。

幸ねこ : なんか今、不吉なものが見えました!

幸が何か言ってる。

不吉なもの・・・も、もしかして、魔剣ですか?
それは願ったり・・・!

幸ねこ : です。電波です

・・・・・・・・・・

surafu : しかも単騎

aotin : あの子・・・死ぬ気・・・

kuro-luc : ? ←あの子

・・・・・
魔剣よりも恐ろしいの、きちゃった (--;)
<><><>
1日 ばあちゃん!
クロ君がソヒーの鈴をゲットしたとか、
そんなことはまぁどうでもいいとして(ぉ)

二号のクルセイダーと一緒に、時計塔地下4に行ってきた。

配置変更前までは特化二刀アサ天国(アノリアンいっぱい)だったのだが、
コンロン後時計地下4がどうなったのか人に聞くと、必ずこう返ってくる。

「婆ばっか」

鬼のような沸きらしい。
聞くところによると、4,5匹から囲まれることもしょっちゅうだとか。

恐ろしい。
別の意味で恐ろしい。
ハートエモーションが恐ろしい。


surafu : 一号
surafu : まぁたくさんきたらハイディングでもしてくれ
surafu : バァさんぐらい耐えてみせよう
surafu : 深淵とはわけが違う

aotin : 深淵は婆さんの息子です

surafu : ・・・・・
surafu : うそだあああ!

aotin : 信じろ! これが現実だっ!

まぁ嘘だが。


そして地下4入り口手前まで辿り着き、いざ突撃。
・・・となって二号が飛び込んで行くが・・・
移動NPCに話しかけて、地下4に行くと選択すると、

「あなたにはその資格が云々〜」

と言われる。

・・・え。
資格、資格ってなんですか。
鍵か。鍵ならほらここに・・・・・・・・・・・・・・・・・

時計塔の鍵 ←地上

・・・・・

あっ、そうか。
時計塔来る前に、荷物整理したときに・・・・・

倉庫に預けてきちゃったぁぁぁぁーっ!!!

aotin : 地下鍵が消えた!

倉庫にっ!

surafu : なにいいい!

aotin : むむ、二号そこ(地下4)で耐えてろっ!(ぉ
aotin : 速攻で戻ってくる!

そして私は蝶を使って帰還。
倉庫確認。やっぱりあった地下鍵。
それを引っ張り出して、再びアルデバラン→時計塔。

ハエを駆使し、クローキングでペノを無視し、再び入り口まで戻ってくる。

さっさと移動。
RO人生全てを通しても、まだ2回目な時計地下4。

・・・って考えてみると、地上には1度も行ったことが・・・・

まぁいい。
とりあえず二号と合流せねば。

ミニMAPを見る限り、入り口から結構離れた場所に二号の姿がある。

走って・・・行くのはなんか危険っぽいから、ここでもハエだっ!
そうしてハエ使用。
1回でちょうど良い場所に出ることができ、早々に合流・・・・!?

そこに、二号は居た。
勇ましく剣を振るっていた。
血を流しながら、ゲージを減らしながら。
倒れることなく、屈することなく。

ジョカと婆さんにボコボコにされながらも、しっかり健在だった・・・!

aotin : おおっ、すげっ!Σ

凄い。
婆さんの数!!(ぉ)

surafu : クサレタ沸き具合だ

そこにクロ君から電波(ギルチャ)が。

kuro-luc : 何匹沸いてます?

んなこと聞かれても、重なってていまいち分からない。
まぁ言うならば・・・

aotin : まぁ落ち着けってぐらいw
aotin : 1人で耐えてた二号が凄いっ

surafu : HPはどうでもいいが、SPがないのは致命傷だ
surafu : ジョーカーがやかましい

その場を切り抜け、暫く婆さんを殴っていると・・・

チュッ

surafu : ぎうあああああああああ!!

aotin : ハートエモ出されたΣ

surafu : ピクピク

幸ねこ : 落ち着けっ

surafu : この狩り場は・・地獄か

aotin : 気持ちで負けたら死ぬぞ!

幸ねこ : せめて、自分の中で勝てるものを幻想しろ!

・・・・・・・・・・

aotin : だめだ勝てそうにないっ!

そうしてその後、私と二号の姿を見た者は、誰も・・・・
・・・いるけど。

はっきり言うと、婆さん程度で二号を沈ませることはできぬ。

私?
私は囲まれると、何を相手にしても逝く自身があるっ!(ぉ)

魔剣は最後まで見ることできなかった。
まぁオマケ程度に考えるのが良いのかも。

二時間沸きとか、ナンデスカ。

まぁ狩ってみての結論。
年上好きなら、是非一度足を運びましょう。
取り囲まれます。わりと簡単に ( ´−`)



戻る